チェンライ再訪編6か所始まりました。
まあこれも、昔の話なのですがね。
そのあとは、ラマ3編、チャチェンサオ編と続く予定をしています。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

18.4.18

Wat Tham Pha Pu / Loei

祝!初ルーイ!なんですよね~
ルーイって、タイ語のスペルをそのままアルファベット読みすると、Lei(Ley)なのに、なんでみんなルーイって呼ぶんでしょうね。
って思って調べたら、最後がYの時だけ表記が変わる特別ルールがあるんですね。
タイ語難しい…



ということで、ルーイ中心街を北に抜け、10kmほど進んだ山際にあるワットタムパープー(วัดถ้ำผาปู่)というお寺にやってきました。
とにかく、森の中の道を進んでいくと…



急にちょっとしたスペースが現れ、なかなか見事な仏塔が現れます。



ちょっと新し目っぽいですが、全部石でできているんですね。
金掛かってそう…



内部も、全面石で構成されていますが…
かなりあっさりしていますね。
真ん中の、4面を向いているお坊さんしかないからかな?



と思ったら、柱の裏に4面立像が隠れていましたよ…



ちなみに、土台部分の中は、空っぽでした。
これから何かを設置する予定なのでしょうかね。



で、石の仏塔の隣にはもう一つ、一回り小さな仏塔が建っています。



微妙にクメール風なのかな?



でも、破風のレリーフはお坊さんズ。



こういうところに、微妙にクメールっぽさの痕跡があるかな?



で、内部…
既に見えていますので、多くを語る必要はないと思いますが…



こちらのお坊さんの像が真ん中に安置されているだけですね。
つまり、石の仏塔もなんちゃってクメール仏塔も、お坊さんのお墓なのかな?



ちなみに、こちらも土台部分はこんな有様でした…
って、まだお寺はもっと敷地の奥の方まであるみたいなんですよ。
ここはあくまでさわりの様です。



最初にも述べたようにこの辺りは山際にあるので、左手はこんな感じに崖みたいな山がそびえ立っています。
そんなところをズンズンと奥に進んでいきます。



あ、かんばんがありますね。
この辺には猿がいるってことかな?



ああ、確かに木の上にいますね~



これ以上のズームが無いので、画像切り取りですが…
こんな猿です。
やっぱり、中部で良く見られるカニクイザルとは違いますね~



なんか、突き当り?に到着しましたね。



周りには、弥勒様や…



首だけ仏陀もありますが…
この首だけ仏陀って何の意味があるんでしょう。



左が、洞窟と聖水の泉?で、右が博物館だそうですね。
で、正面の階段は?



と思ったら、階段の先は柵があって立ち入り禁止の様でした。
結局なんなんでしょうね。



ということで、まずは左手の洞窟から…
これが、パープー洞窟の入口みたいですね。



内部は、ちょっとした広さがあって、その正面に仏像が並んでいます。



こちらは正面のお方の方ですね。



で、左側のお方。



洞窟はさらに左の奥の方に続いているようです。
それよりも…
すでにテンションがかなり下がっています。
なんせ…
前のタイ人の足みてください。
裸足で入らなくちゃいけないんですけど、当然?コウモリのフンがそこらじゅうに落ちていて、さらに足元がベチャベチャ…
汚いな~
まあ、とりあえず左の奥の方なんですが…



涅槃仏が横たわっていました。
写真がブレブレなのは、腕もあるかもしれませんが、単純に中が真っ暗なんですよ。
カメラの高感度に頼ってもこの程度…



で、正面の奥は…
わかります、この真っ暗さ。



ん?なんか井戸っぽいものがありますね。



もしかして、これが聖なる泉?
確かに、他にそれっぽそうなのありませんでしたが。
※実は、もっと天然っぽい泉?があった様なんですが、真っ暗で分かりませんでした。
 懐中電灯必須です。
 携帯のライトではちょっと弱いですね。



さて、今度は右側に行ってみましょう。
とりあえず目立っているのはこの建物なんですが…
あまり博物館っぽく見えませんね。



しかし…
こちらも高そうな石で作られていますね~
お金余っているのかな?



中は…
こちらも中央にお坊さんの像のみが安置されています。



う~ん、さっきの仏塔のお坊さんとは違うみたいですが、まあ贅沢なことですね。
で、結局博物館の謎も解けず…orz



Jan./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、個人的にそんなに洞窟好きじゃないですし、テンション下げ下げでしたし…
ちゃんと聖水の泉を見られなかったのが心残りですが、あの洞窟に再度入る元気は…
あと数年は無いかな?
それ以外は、見ての通りです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 17°34'43.52" N
101°42'37.95" E



0 件のコメント: