チャイヤプーム編も、あと残すところ1ヶ所のみです。
そのあとは、ちょっと忘れてたスポットをぶち込むかもです。
あと、ようやく記事アップまでの期間が1年以内になりましたし、ちょっとペースダウンします。
記事書ききれなくなってきたし。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

28.4.18

Wat Tuk Hiranrat / Ratchaburi

場所は一気に、メークロン河の東岸に移動。
ワットトゥックヒランラート(วัดตึกหิรัญราษฎร์)というお寺にやってきました。



田舎のさびれたお寺と言った感じで、境内はがらんとして人っ子一人見当たりません。
ああ、ちなみに目の前の車は今回乗ってきたやつです。



なんか、境内にはお犬様がうろうろしていて、近づきがたいんですが…
どうしたものかな。



まあ、勇気を振り絞って近づいてみました。
というか、ここのお犬様、意外に飼いならされているのか、ちゃんと道譲ってくれました。



ということで、とりあえず中央にあった立像。
サイズ的には数m程度しかない、かわいらしいサイズですね。
彼を囲っている謎の枠が、何の意味があるのかは不明です。
で、その枠から伸びた支え?が、後ろの小さな廟につながっています。



廟の中はこんな感じで、まあ特筆すべきものは何もなさそうです。
仏足石も普通ですね。



で、向かって右手に見えられた弥勒様。
サイズも大したことないですが、造形はまあ普通、というか、全然破綻していませんね。
なんで、表面をもう少しきれいに均さないんでしょうね。



こちらも、良く見る、動物の施しを受ける仏陀のシーンですね。



で、こちらのお寺最大の売りは、こちらにおわす大涅槃仏像…
のはずだったんですが、かなり小さいですね。



大きさは、大きめに見積もっても、12m程度しかなさそうですね。
この左手のうねり方が、なんとも言えませんね。



上半身のアップ。
なんか、頭が小さいというか、全体的にバランスが微妙ですね~
服の皺辺りには、頑張った跡が見受けられるんですけど、惜しい。



もう一度、引いて全体を眺めてみました。
う~ん、キャプテン翼並みの頭の小ささですね。
10等身ぐらいはありそうです。
翼くんぐらいになら勝てそうかな?
さすがに次藤くんには勝てないでしょうけど。



ところで、その涅槃仏の顔の前に、おみくじがあるんですけど…
誰もやってないよね?メンテナンス全然していないよね?
それだけ参拝客が来ないのか、ただ単にお寺がやる気ないのか…



ちなみに、こちらのお寺にも本堂はありますよ。



当然のように、入口閉まってましたが。
それよりもこの柱、張りぼてじゃないですか!
正面だけ、マーブル調のタイルを貼って、横側はコンクリートやレンガむき出しのびんぼっちゃま仕様!
もしかして、普段もこういうタイルでの、大理石調装飾に騙されているのかな?



Jan./'17
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
唯一の売りのはずだった涅槃仏があの体たらく?ではしかたありませんね~
等身や、体のバランス、左手のうねりなど、見るべきところはあるのですが、もう少し頑張ってほしかったところです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°39'01.42" N
 99°48'58.05" E



0 件のコメント: