チェンライ再訪編6か所始まりました。
まあこれも、昔の話なのですがね。
そのあとは、ラマ3編、チャチェンサオ編と続く予定をしています。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.4.18

Wat Khao Khiao-Khao Sadet / Ratchaburi

ワットカオソムから南に4.5kmほど下った辺りを走っていると、前方に大仏様が見えてきます。
まあこの辺りには、高い建物どころか周りは畑ばかりなので、遠くからでも見える見える!



ということで、ワットカオキアオ―カオサデット(วัดเขาเขียว-เขาเสด็จ)に到着です。
謎のハイフンは…
看板の名前がそうなっているんですもの、仕方ないです。



とりあえず入口の塀の上の飾りが、ちょっとかわいらしいですね。
まあ、それはともかく…



とりあえず、ここの売りは、もちろんこの不機嫌そうなご尊顔の大仏様です。



ちょいと近づいてみました。
赤い屋根が邪魔で、これ以上近づいて正面から撮るのは厳しそうですね。



ということで、斜めから見上げてみました。
結構巨乳ですね~



ご尊顔のアップ。
下から見上げれば、もう少し見え方変わるかな~って思ったんですが、やっぱり不機嫌そうなのは変わらないようです。



で、ちょっと近づきすぎて分かりにくいかもしれませんが、足首から先が長い!
&この足の組み方を実際にするのは難しい!
そもそも足の裏が真上に向かないよ~
(少なくとも私は。体が柔らかい人は出来るのかな?)



大仏様の背中側には作りかけの柱が立っていますが、大仏殿とか光背とか、何かを作ろうとしていたのでしょうかね。



で、その大仏様の裏手には、黄色い建物…
結界石っぽいのがあるので本堂かな?があるのですが、その行く手を犬の群れがフォーメーションを組んで守っています。
う~いやだなぁ…
こっち見てるよ。



でも、本堂の裏になかなか面白そうな壁画があるっぽいし、迂回して何とか行ってみましょう。



と、言うことで、かなり吠えられながら何とか本堂に到着。



中は…
まあ、どうってことないですね。



で、裏の絵なんですが、これ仏陀の修業を邪魔する魔王軍を洪水で撃退するプラメートラニー様のシーンですね。
タコとかカニとか、弱そうな軍隊ですが…



そのおぼれている魔王軍の人達、えらく乙女チックな面構えしていますね。
描いた絵師が、オカマちゃんなのかな?



で、さっきの大仏様の後ろ姿です。
あの犬のフォーメーションをかいくぐって、向こうに戻らなくてはいけないのですが…
って、あれれ?
お尻の下に入口がありますね。
中は…



何もなかった…
ということはないのですが、何と言えばいいんでしょうね。
奉納された仏像置き場?
まあ、少なくともタンブーンするとか、そういう類の場所ではなさそうですね。



おまけ。
大仏様の手前に、このような小さな廟があったのですが…



中身すっかすか。
で、奥になんか人形がありますね…



これ、もしかしてルークトゥンの女王、プムプアンさんを奉っているってことですかね?
その割にはチャチなおもちゃの人形ですけど…
(真相は不明です)



Jan./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、見どころのほとんどは大仏とちょっとだけ本堂の壁画で、マニアの方だけプムプアンさんってところですかね、真偽は保証しかねますが。
ともかくもしここに行く場合は、犬に襲われないようにだけ気を付けてください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°42'34.11" N
 99°42'18.62" E



0 件のコメント: