チャイヤプーム編も、あと残すところ1ヶ所のみです。
そのあとは、ちょっと忘れてたスポットをぶち込むかもです。
あと、ようやく記事アップまでの期間が1年以内になりましたし、ちょっとペースダウンします。
記事書ききれなくなってきたし。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

26.4.18

Wat Nong Ta Khrong / Kanchanaburi

ワットマイラーンワーンから、そのままカンチャナブリ⇔ラチャブリ県境に沿って、西の方向に26kmほど…
およそ外国人の寄り付かない…
と言いたいんですけど、近くにゴルフ場もあるようなリゾート感あふれる?片田舎に、ワットノーンタクローン(วัดหนองตะครอง)というお寺があります。
まあ、見ての通りの白いお寺らしいですね。



こちらが、メインというか唯一の本堂です。



入口は、プララーフ様か何かをモチーフにしているのでしょうか。
周りの銀色の縁の付け方なんかに、ワットロンクンへの意識が感じられますが…
方向的には、スタイリッシュとかワンダフルとかというより、ファニーな方向に振っているようです。



お顔のアップ。
ん~ちょっとハクション大魔王っぽい?



本堂はこんな感じで、なかなかにワットロンクンバリに頑張っているのではないでしょうか。



上の部分も、仏陀がメインですが、なかなかにコテコテに飾られています。
仏陀の下のうんち君(仏陀の下にあるやつです)とか、ところどころに笑いを入れているのが特徴ってことでしょうか。



横の窓の部分も、なんとなく何かのカオっぽくデザインされているのかな?
瓦もきっちり白でそろえていて、なかなかの徹底ぶりです。



階段の手すり部分の装飾。
こういう細かなところが雑なのは、まあ小規模のお寺としては、致し方のないところなんでしょうか。
メンテもままならないようで、色も剥げてきていますね。



入り口部分には、白の仏像を配置。
さすがにこいつは銀縁はないんですね。



内部はこんな感じです。
壁等も白く、ところどころに銀のパーツを使って、絵が描かれています。
せっかくおしゃれに作っているのに、床のじゅうたんが微妙…



ご本尊様。
いたって普通ですね。
せっかくここまでやるなら、ご本尊様も白に銀縁で統一してほしかったところなんですが…
まあ、見たところ既製品っぽいですし、弱小のお寺としては致し方のないところなんでしょう。



壁の模様。
なんか、外の頑張りに比べるとだいぶ雑な気がしますが…
どうですかね。



境内は、弱小のお寺らしくて狭く何もありません。
まあ、目の前のあれぐらいですかね。
ちゃんと白で統一されているところは、感心しますね。



ああ、小さな仏像もありましたよ。
これも、パールホワイトで塗りたくってありますね。



Jan./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、結構頑張っているとは思いますが…
どうせなら、もう少しこだわってほしかったですね。
あとは、規模が小さすぎて、見るところがほとんどないってことでしょうか。
5分もあれば、見終わっちゃいますよ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°46'46.78" N
 99°35'14.26" E



0 件のコメント: