南イーサンクメール遺跡めぐり編も、2日目の話に入りました。
やっぱり半分ぐらい遺跡かな?
まあ、温かい目で見守ってやってください。

南イーサンクメール遺跡めぐり編の後は、カラシン編と続く予定なので楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

7.11.19

Wat Ko / Phitsanulok

ようやくピサヌロークに戻ってきました。
でも、まだ汽車の時間にはだいぶ余裕があるので…
ということでやって来たのは、ピサヌローク市街から北に10kmほどの、ナーン川沿いのこちらのお寺。



ええっと…

ワットゴ(วัดเกาะ)、島寺だって、ここ島じゃないけど。
つ~か、読めんわ馬鹿者!
だから鏡面は止めろって何度も…



とりあえず、目的のお堂がこちら。



破風の絵が立体レリーフなんですね。
ちょうど仏陀が天界から戻ってくるシーン…
これにつきものなものと言えば~


と、その前に、一応中のぞいておきましょう。
大したものではありませんが。



そして、裏側の破風は…



分かります?
地獄レリーフですよ!



貼り付け火あぶりの刑~
横の人は、発勁でも打ち込んでるのかな?



首狩りの刑~
そして、壺に浸けこんで、煮込んじゃいます~




全身に炎のオーラが出てるんで、地獄なんだと思いますが…
『出会うのが遅過ぎたのよ』的な感じっすか。
(ララアとアムロのあれっす)
ま、地獄はこれだけのようです。
残念。



あとは…



目がクレヨンしんちゃんしてるよ!


…わんちゃん、かな?



メートラニー様も、近所のおばちゃんと化しています。
ここの立体コンクリ仏師、侮れん…



あとは…



本堂はやっぱ開いてないのね。



May/'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
まあ、なんせあの地獄絵と、微妙なコンクリ像だけですからね~
タイ人参拝客もまともにいないお寺ですし、ぶっちゃけ語るほどのものでもないですよ。
むしろ、タイ語のみとはいえ、ちゃんとした案内看板があることの方が奇跡です。

あのレリーフのあった礼拝堂、実は貴重なものなのかな?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°53'51.7" N
100°13'39.9" E


  
※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。


0 件のコメント: