Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

28.11.19

Sthup Khu (Twin Stupas) / Si Saket

話は少し遡りまして…
パーモーイーデーンで、雨がパラパラ降りだしてきたころ…
雨が本降りになる前に、もう1か所行っておきたいところがあるんで、強行することに。
ああ、この先に、サトゥープクー(สถูปคู่)、英語でいうと、ツインストゥーパがあるらしいですね。



こんな歩きにくい岩場をずんずんと…



結構起伏もあって、歩きにくいよ。
150mでも、ちと大変ですな。



は~っ、ようやくついたよ。



これが、ツインストゥーパだって。
思ったよりも小さいね。


内部。
瓦礫?しかなさそう…



あ、なんか説明書き発見!
ええっと…



造られた時期とかのこと、何も書いてないじゃん。
でも、どうも11世紀ごろのものらしいので、クメール時代かその影響を受けた時代のものなのかな?



そして、裏側…
雨ヤバそうなので、戻りますか。
と、いうことで、さっきのパーモーイーデーンの、東屋に逃げ込むところに続くわけです。
おしまい。



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、ぶっちゃけ微妙ですよね。
歴史的なことも良くわからんし。
先人の方々のブログとか見ていると、どうも、昔は近づくことも出来なかったみたいだし、少しはましになったのかな?
どっちにしろ、ここだけのために来ることは、物理的に難しいですし、パーモーイーデーンに来るついでに寄るのが吉かと。
ところで…
これもどうでも良い話なんですが、日本語版カオプラウィハーン国立公園Wikiのページの、ツインストゥーパの項目、タイ語がプラーサートドーントゥアン(ปราสาทโดนตวล)になってますから~
残念!
ああ、なんかこの辺り、カオプラウィハーンの石切り場だったとかなんとか…
って、このページにそれっぽいこと書いてあったよ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°23'57.0" N
104°41'06.0" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: