祝!1900スポット!
何もないけど。

ムーン川を見守るように立っているナーガが魅力の、ワットパーパークドームで、1900スポット目になります。
正確には記事数なんですけどね。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

9.11.19

Wat Mai / Samut Prakarn

さてっと…
ワットサッカラーから、最初のソンテオに乗ったところまで戻ってきました。
そして…



お次はプラプラデーン(パパデーンの方がいい?)方面のソンテウに乗り換えっす。
って、そんなに遠くまで行かないんですけどね。



さらに、そこからモタサイのあんちゃんにお願いして移動…



で、連れて来てもらったのが、こちらのお寺、ワットマイ(วัดใหม่)。
新寺って…なんという安直なネーミング。



あの橋の向こうが境内のようですね。


広っ!
そして、ガラガラ…
右手は学校エリアで、左側がお寺っぽいです。



まずは、橋を越えて、すぐ左手の、このエリアをチェックしましょう。



これは…
本物?
でも、胸からヤバいものが出ていますしね~



一般タイ人の好きそうなものは、一応そろえてあるようです。



怖っ!



こちらは、メータキアンさん廟だそうです。
旭日旗模様が眩しい!



ちょっとポッチャですが、美人ですな~


タイナマズ!



おっ!



仙人にガネーシャにプララーフーと、タイ人が垂涎もののキャラ、勢ぞろいじゃないですか。



一応ガネーシャ様のアップ。
…周りに邪魔者い過ぎ。



仕方ないので、別角度からも。



では…
階段の上の、あのお方に会いに行きますか。



ま、ぼちぼちデカいですかね。



ルアンポートーさん像ですかね。
あんまりこの色の像は見ないので、ちょっとわかりにくいっす。


ここから見た、境内奥の景色。
なんという無駄な広さ…



ああ、一応アップも。



あれ?
学校側にまっちょアイアンマン?がいるよ。



同じやつ、ワットタムルーにもいましたね。
やっぱり大量生産品なのかな?



いや、いかんいかん…
本堂…じゃなくて、本道に戻りましょう。
とりあえず、ルアンポートーさんの台座をのぞいてみましょう。




開いてないので、本当にのぞく羽目になりましたよ。



坊さんばっかですな。



では、こういうやつらを眺めつつ、奥の方に進みましょうかね。



この漢字、絶対漢字知らない人が、見よう見まねで書いたでしょう!


夢のコラボ。
グローバルですな~



おっ、なんか広い場所に到着しましたよ。
ガラガラですけどね。



ドナルド、こんなところでサボってても良いの?
というか、これ偽物じゃん。



あ、ようやくまともなタンブーンポイントみたいなのがあったよ。



脇にあったナーガ池…というか、鉢ですね。



テープタンチャイさんいたよ。



でも…
大したものないね。



これが最奥のお堂…多分。



黄金の象さん。
上に乗っているのは、ソムデットトーさん。
まあ、ルアンポートーさんですね。


銀の象さん。
こっちは、ルアンプートゥアットさんだって。
ルアンポートーさんの方が各上なのかな?



シンハ君達もにらみを利かせてますよ。



おっ、ヤック君、かわいい!



中は何もなかったけどね。



それでは、さっそくお堂に入りましょう。



ええっと…



これだけっすか。
つまらんの~



その裏手の本堂も、開いてないし…
戻りますか。



ん?
学校側に、なんか微妙な像が点在していますよ。
せっかくなので見ていくとしましょう。


う~ん、これでは王子様にキスしてもらえないかも…



ど、ドラえもん…かな?
しずかちゃんが一番ヤバい…



そして、なぜかスネ夫だけはハブにされて、牢屋にぶち込まれています。
やっぱりスネ夫の性格は、学校としては否定せざるを得ないのかな?



まあ、これぐらいかな。



最後にルアンポートーさんを眺めつつ、次のスポットに向かいましょう。



Jun./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
お寺としては、ほとんど見どころないですね。
しいて言えば、例の大ルアンポートーさん像ぐらいでしょうか。
ここの魅力は、あちこちに点在する、謎オブジェの数々ですね。
ヤック君も含めて。
でも…お寺である必要はないよね、ぶっちゃけ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°35'16.5" N
100°33'33.8" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: