チェンライ再訪編6か所始まりました。
まあこれも、昔の話なのですがね。
そのあとは、ラマ3編、チャチェンサオ編と続く予定をしています。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

5.3.18

Phuttha Sathan Khrongrat 60 Pi / Ubon Ratchathani

ようやくヤソートンからウボンラチャタニに戻ってきました。
で、そのまま23号線をウボンラチャタニ方面に進んでいると、クワンナイ郡の中心を過ぎたあたりで、真正面の視界に飛び込んでくる巨大建造物があります。
まったく、↓こんな気分になりますよ。
 
  (つд⊂)ゴシゴシ
 
  (;゚д゚) ・・・

まあ、下の写真ですと、本当に数ドット分しかないので、別の意味でそういう気分になりますかね。



ということで、もう少し近づいてみました。
分かりますか、ちょうど道路の先の方ですよ。



さらにドン。
なかなかすごそうですね~
怪獣映画みたいに、私の行く手を阻んでいます。
寄る予定はしていませんでしたが、せっかくなんでのぞいてみますか。



ということで、こちらが入口の様です。
標識にも、ターンカーオプラヤイ…
大仏への入り口としか書いてありませんね。



内部はこんな感じ…
って、良くわかりませんよね。
敷地内はちょっとした公園になっているようですが、基本的には写っている範囲がほぼすべてです。
&ただ単に、池越しに写真撮っておきたかったんで…



ということで、いっきに大仏様の前に来ました。
ここ、基本的にはお寺とかそういう施設ではなく、公園に大仏があるだけって感じです。



大仏様の御前にやってまいりました。
台座に、พุทธสถานครองราชย์๖๐ปี…プッタサターンクローンラート60ピーなどと書かれているので、おそらく王族の偉い人の…
じゃなくて、60周年だから、具体的な名前がないけど、プミポン前国王在位60周年記念とかそういうやつの大仏ってことなんでしょうね、きっと。



アップ。
台座がデカいんですが、本体はざっと20m…
多く見積もっても25m弱ってところでしょうか。
周りに何もないので、よけい遠くから目立って見えるんですね。



May/'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
大仏がすべてです。
それ以外何もありません。
ここは、それを、近くで見て見たり、池越しで見て見たり、遠くから眺めて非現実感を味わってみたり…
そうやって楽しむところと割り切って行った方がいいでしょうね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 15°22'29.41" N
104°35'13.79" E



0 件のコメント: