コラートブリラム遺跡編も、プラーンバーンプラーンで、長かった遺跡連発も終了です。
残り3か所は、遺跡じゃないのでご安心ください!

コラートブリラム遺跡編の後は、チャチェンサオチョンブリ1デートリップ編、スコータイ近辺遺跡舐めまわし編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

8.3.18

Wat Bang Ping / Samut Prakarn

サムロンの近く、外環道を走っていると、怪獣のように立ちふさがるエラワンミュージアムは、みなさん良くご存じかと思います(かな?)。
が、その近くに、別の巨人も立っているんですよね。
(残念ながら、ストリートビューはデータが古くて写ってませんが)
ということで、その巨人がいるお寺、ワットバーンピン(วัดบางปิ้ง)にやってきました。
しかし、この本堂の入り口をふさぐように配置されている仏像、何とかならないものなのかな…



ということで、こちらが本堂…
なんですけど、やっぱり非公開の模様。



回廊内には、こんな感じに仏像も並んでいますが…
まあ、こんなのはどうでもいいですよね。



本堂の奥の方を見ると、その巨人が姿を現します。
なかなか壮観ですね~



別の方向から。
台座に乗って、底上げされてますが、それでも結構な高さですね。
とあるタイ語のサイトでは、32mだそうです。
エラワンさんほどではないですけど、なかなかの大きさですね。



近くまで寄ってみました。
白いボディーが青い空に映えますね~



土台部は、建物になっているようで、中に入れる模様。
めっちゃ普通ですけど。



中はこんな感じで、建物はお寺っぽくないですが、一応こんな感じに仏像とかが並んでいて、横にお坊さん用のいすもあって、おそらく普段はここで説法とかを行っているんでしょう。
中央の立像は、上のお方と同じ姿ですね。



で、奥にはエレベーターがあります。
おそらく3階が屋上だと思うのですが…
人がいなかったので、借りることが出来ませんでした。
登りたかったな~



でも、階段があるので、2階にやってきました。
まあ、ほぼ物置&プライベート空間ってところでしょうか。



奥には、こんな絵が描かれていました。
作っている最中の様子みたいですね。



ああ、売店もあるんですね。
やはり、いちおしは上にいる、あのお方のようです。



今度は、背後から眺めてみました。
正面から見ていた時は、違和感なかったんですけど、後ろから光背を見ると、なんか変な感じですね。
これ、タケコプターみたい。



ああ、そういえばこんな小さなお堂があったんですけど…



中には、タイガーマスクがいました。
建物の外には、サーンポースア(ศาลพ่อเสือ)って書かれていましたし…
虎の父の廟ってこと?
なわけないですね、たぶん虎仙人ってとことですか。



でも、目がすごく怖い…
白目の部分が真っ黒なのね。
虎シマは、もう少しリアルに再現してほしかったです。



Apr./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
巨人…じゃなくて、巨大立像を見るだけの為に来ても、巨像マニアの方には十分に楽しめると思います。
あとは、タイガーマスクぐらいですかね、見どころは。
ちょっと行きにくい場所にあるようで、ドライバーさん行ったり来たりしてました。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°36'25.64" N
100°37'20.68" E



0 件のコメント: