チェンライパヤオ編に入りました。
計22か所の予定です。
そのあとは、間にバンコク1ヶ所挟んで、パガン、サムイ島編と続く予定です。
パガン、サムイ島編で2017年4月なので、だいぶ現実に追いすがってきましたよ。
ただ…記事を作る方が追い付かなくなってきたよ…
そのうち失速しそうです。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

7.3.18

Wat Sao Thong Nok / Samut Prakarn

5月末の日曜日。
今回は、サムットプラカン近辺のお寺を攻めていきたいと思います。
最初に来たのは、こちらのお寺…
いや、毎日通勤時にバンナ―トラート高速を通るたびに、気になっていたお寺なんですよ。



お寺の名前は、ワットサオトンノーク(วัดเสาธงนอก)と言うようです。
ここ、GoogleMap見てても、アイコン出てこないんですよね~
道路の名前がまんまお寺の名前なんで引っかかるようですけど。
ちなみに、そのソイワットサオトンノークと言う名の道がお寺の中央を突っ切っていて、お寺のエリアを南北に分断しています。
今いるのは、南側ですね。



お寺の名前が書かれた看板の前には、エラワン様が立っています。
まあまあデカいですね~
少なくとも、実際のインド象よりは大きそうです。



で、その横にあるのが、通勤時に気になっていたコイツです。
思ったよりはデカくなかったですが、目立ちますね~色も含めて。



土台もかなりハデハデで、ガネーシャ様のレリーフもばっちりです。



で、本命のレッドガネーシャ様。
まだまだ作りかけ…というか、塗装の最中なんですね。
でも、光背とかの作りも、結構かっこいいですし、手に持っている道具のディティールなんか素晴らしいです。
とてもタイとは思えません。



その隣にある、イベントホールですかね?
デーブルのセッティングとか行われていますが。
ここの壁の配色も、赤と水色基調で、すごく変わっていますね。
で、その壁にはところどころ絵が描かれています。



あ、プララーフー様だ。



さて、今度は道の反対側…
北側エリアにやってきました。
なんか、切り株みたいなものがありますね。



さすがに人工物…コンクリート製みたいですね。
中はどうなっているのかな?



中は意外に地味でしたね。
壁の木の質感にこだわった結果なんでしょう。
しかし、中央に仙人、その横に観音様?がいて…
ここ、なんでしょう。



って、子宝祈願系の場所の様ですね。
服とか奉納してありますし。
しかし…
マネキンが怖すぎる!
目つきもですが、顔と手の先のみおしろいを塗っているところとか…



こちらは、その隣にある、サーラ―。



中では、赤鉢巻、赤ズボンの人が2人、ヤック様を拝んでいます。
この人たちは何でしょうかね。



と思ったら、彼らもヤックみたいです。



本堂にやってきましたよ。
こちらも、柵や壁に水色が使われていて、こだわりを感じますね。



入口。
中でイベントとかやっているんですかね?
靴の量が多いですし。
しかし、壁塗りかけなのだとしても、あまりに雑くないですか?
それとも、これから上を別の色で塗って、ツートーンにするのかな?
まさか赤色とか…



中は予想通り、日曜の礼拝中の様ですね。
これでは、いろいろな意味で、中に入っていけません。



切り取り画像ですが、ご本尊様のアップです。



で、壁一面には、仏陀の生涯の絵が描かれています。
でも、青い男女がいるんですが、なんですかね?
シーン的には、仏陀がスジャータに施しを受けるところっぽいんですけど。
夜とかを表現しているのかな?



最後に、最初入ってきたところから、もう一度ガネーシャ様をば。
うん、完成が楽しみです。



Apr./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ガネーシャ様も、その他も、それなりですね。
せめてガネーシャ様が完成していればよかったんですけどね~
ところで…
なんか、通勤路から見ていて気になっていたのと違う気がするんですが…
ガネーシャじゃなかったような。
(って、後で実際に違っていたことが分かるんですが…)

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°35'22.80" N
100°49'01.99" E



0 件のコメント: