チェンライパヤオ編始まりました。
全37か所を予定していますが、そのうちの6か所が再訪で、途中14か所ほど、またまた遺跡祭りが待っています。
で、その次は、今のところナコンパトム1Dayトリップ編を予定しています。
一応、5か所+1再訪と、ちょっと少なめの内容になっています。
それと…だいぶ記事作成スピードが落ちてきました…
スコータイマイナー遺跡が終わったら、アップする頻度を減らすかもしれません。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

15.3.18

Koh Wai (Wai Island) / Trat

ヒンラープから次に向かったのは、この辺りの島々の中でも有名なワイ島(เกาะหวาย)。
リゾートもあるんで、泊まりたいんですけどね~
平日1週間ぐらい使って来れればいいんですけど。



海、気持ち濁っている気もしますけど、大丈夫かな?



この辺りから、サンゴ地帯に突入の様です。
え?船はここまでだから、後は自力で泳いで行けって?
まあ、確かにこの船はちょっと大きいですし、潮も引き気味っぽいし、仕方ないところですかね。
ということで、ドボーン。



おお!魚があちこちで群れをなしていて…
めっちゃ多いです。
ただ、濁って良く見えないよ…



と思っていたら、ビーチに近づくにつれ、少しづつ綺麗になって行きます。
場所によってムラがあるんでしょうかね。



しかし、本当に魚が多いですね。
どこを見てもスズメダイの群ればかり。



赤いクサビライシだ!しかも丸いし。
薄紫というか、ピンクの、楕円形?のやつは良くあるんですけどね。
熱帯魚屋にあるような、蛍光緑やオレンジのヤツなんて、見たことないですよ。



サンゴもいっぱい。
しかも、ハマサンゴだけではなく、いろいろなサンゴがあります。



チョウチョウウオの仲間は、どこにでもいますよね。



ミドリの枝サンゴ、きれいですよね~
見つけると、つい見入っちゃいます。



ということで、ビーチに到着。
閑散期と言うのもあるかもしれませんが、ガラガラで良いですね~



反対側。
あそこにいる3人は、同じボートで来た人たちです。



こうやって見ると、すわ~い!
ですね。



さて、ビーチも堪能したことですし、ボートに戻りつつ、シュノーケリングし直しましょう。



いや~魚多いですね~
サンゴもなかなかですし。



本当、どっちを向いても魚の群れがいる感じですよ。



紫色の枝サンゴの群生。



オヤビッチャもいっぱい。



イソギンチャクとクマノミ。
クマノミは、ハナビラクマノミっぽいですが、イソギンチャクは、センジュイソギンチャクじゃないのかな?
なんとなく、触手が細く伸びたシライトイソギンチャクにも見えますが…



クマノミのア~ップ!



いや~、本当に周りが魚ばかりなんで、つい魚の群ればかり写しちゃいますね。
でも、すぐそばまで寄って来てくれるのは、オヤビッチャだけですが。





また濁ってきましたね…
もしかして、沖に出るほど濁ってる?
確かに、ボートが止まっているところよりも沖は、砂地っぽいですが…
サンゴ礁が防波堤みたいになって、濁った海水を防いでいるみたいな感じ?



とは言え、そのサンゴ礁と砂地の境目は、急に深くなるので魚もいっぱいで楽しいんですけどね。





ヤッコのつがい?
これも、タイでは良く見る普通種ですね。



またまたクマノミ君。



あ、カマスにホンソメワケベラが絡んでいますね。
外人やガイドさんは、バラクーダなんて呼ぶんで、かっこよく聞こえますが…
所詮カマスです。



お、この辺はめっちゃきれいですね~
なんで、こんなに差が出るんでしょうね。



ブダイの仲間。
こいつらも、どこにでもいますよね。
しかも…
ガリガリとサンゴをかじってくれます。
泳いでいても、ゴリゴリ音がするんで、すぐわかっちゃいますよ。



ということで、シュノーケリングも終了。
さて、戻りますか…
って、あれれ?
4アイランドツアーじゃないの?2つしか周ってないよ~
しかも、1つは岩礁だし。
なんでも、海が荒れている?ので、行先を変更しただそうで…
めっちゃ凪ってるし、荒れてないし!
なんか、だまされた気分ですね。



Jul./'16
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
ツアーには不満いっぱいですが、ワイ島自体は満足ですね。
7月という、ちょっと不利な時期で、これだけ海がきれいで、魚もサンゴもいっぱいなら十分です。
閑散期のせいかもしれませんが、人が少ないのも好感度アップ!
昨今、有名どころの海は、極東アジアの方を中心に、なだれ込んできていますからね~
ここもいつまでもつかな?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 11°54'19.57" N
102°24'02.78" E



0 件のコメント: