スコータイマイナー遺跡編も、ようやく全24か所のうち12か所終了、折り返し地点に到着しました。
あと半分…多分あと3日で終わると思いますので、辛抱してみてやってください。
その次からは、チェンライパヤオ編に入っていく予定をしています。
全37か所を予定していますが、そのうちの6か所が再訪で、途中14か所ほど、またまた遺跡祭りが待っています。
それと…だいぶ記事作成スピードが落ちてきました…
スコータイマイナー遺跡が終わったら、アップする頻度を減らすかもしれません。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

10.5.18

Anutsawari Phu Siasala & Khai Chinprawat / Nakhon Sawan

ワットシーサワンサンカーラームからナコンサワン市街に向かう途中の交差点横に、なんかよくわかりませんが、記念碑が立っています。
このちょうど一番暑い時間の炎天下、日陰も何もないだだっ広いところなので、タイ人は一人たりとも寄り付かないようですが…
なので、私が代わりに、彼を慰めに行ってあげましょう。



なんですかね…
ライフルか何かをもっているんで、軍人さんの像の様ですが。
GoogleMapによると、アヌッサワリープーシアサラ(อนุสาวรีย์ผู้เสียสละ)…戦没者慰霊碑みたいな感じでしょうか。



勝ち誇ったように兵隊さんが右手を突き上げていますが、タイの近代でそんなにすごい大勝利はないような…
まあ、戦没者の方々への名誉のご褒美みたいなものなんですかな。



兵隊さん部分のアップ。
まあ、真っ黒なんで細かいところが良く見えませんが、この炎天下の中なんで…
きっと表面温度はヤバいことになっているんでしょうね。
ちなみに同じ角度の写真ばかりなのは、もちろん私の表面温度もかなりヤバくなってきて余裕がなかったからです。



ところで、その慰霊碑のすぐそばに、このようなゲートがあるのですが…
名前は…カーイチンプラワット…チンプラワット駐屯地(ค่ายจิรประวัติ)とでも言えばいいのかな?
まあ、駐屯地としたのは陸軍っぽかったからで、タイ語ではキャンプとか野営(地)とか、んな意味みたいです。
気になった理由は、既に見えていると思いますが…



入口周りに、こんなのが飾ってあるからです。
結構小さいですけど、本物なのかな?



こっちも…
なんか微妙な作りですけど、どうなんでしょうね。
それっぽく作っただけなんですかね?



なんせキャタピラや横の添え木なんか、思いっきり木製ですし。



あ、手りゅう弾の化け物もありましたよ。
でも、ちょっとここから先に入るのは憚れますね…
撤収しましょう。



でも、このあたりの壁や柵の周りにも、こんな感じにいくつも点在しているんですけどね。



おまけ。
今日はナコンサワンに宿泊なんで、晩飯を食べに来ました。
Kin Shabu…いかにも怪しげなお店と思いませんか?
日本語もヤバめですし。



とにかく、思い切って突入してみることに。
壁の写真とか天井の提灯とか、とにかく日本をイメージしようと頑張った形跡はありますが…
無料案内所って、歌舞伎町とかの写真でしょうかね?



席はこちらを確保。
なんでもこのお店は、富士山として有名らしいです。
知りませんでしたよ。



お店の形態は、いたって普通のムーガタ屋さんみたいな感じです。
肉とかも他の具も、しゃぶしゃぶの肉っぽくないよね。
日本っぽさも皆無です。



唯一の日本っぽさ?は、こちらの寿司っぽいもの。
緑の物体とか、具材の想像すらできませんね…
とても取る勇気が出ません。



ということで、普通にタイなべとして頂きます!
ビール旨!
なべ普通!



Feb./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
戦争の痕跡、慰霊碑マニアの方は抑えておいた方がいいかもしれませんが、一般市民には、あまりかかわりのないところでしょうね。
なんせ、タイ人も近づこうとしていませんでしたし。
幹線道路沿いなので、通った時に、気になったら寄ってやって、冥福をお祈りしてあげてください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 15°40'14.95" N
100°07'34.54" E



0 件のコメント: