スコータイマイナー遺跡編も、ようやく全24か所のうち12か所終了、折り返し地点に到着しました。
あと半分…多分あと3日で終わると思いますので、辛抱してみてやってください。
その次からは、チェンライパヤオ編に入っていく予定をしています。
全37か所を予定していますが、そのうちの6か所が再訪で、途中14か所ほど、またまた遺跡祭りが待っています。
それと…だいぶ記事作成スピードが落ちてきました…
スコータイマイナー遺跡が終わったら、アップする頻度を減らすかもしれません。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.5.18

Wat Ban Kia / Chiang Rai

ワットプラタートドーイトーンから、さらに北上すること17kmほど…
バーンキアという小さな集落にやってまいりました。
その大通り沿いの脇に、その名もワットバーンキア(วัดบ้านเขียะ)というお寺が建っています。



ナーガの絡まり具合がなかなかえぐいですね~
ところで、吉萬越って何?
ググっても出てきませんが。
まあ、それはともかく…



やっぱりアレ、気になりますよね?
道路からモロに見えてますし。



境内です。
見ての通り、正面にある本堂に添い寝するかのように、涅槃仏が横たわっています。



その涅槃仏様。
頭のトゲトゲや顔の感じその他…
何となく、昔のポリゴンみたいな感じです。



ご尊顔。
まあ、なんとコメントしていいものやら…
大学の友達にこんな顔の人いましたよ。



そのご尊顔を崇めているヤック。
なぜかお1人様なんですね。



で、涅槃仏様のおひざ。
ひざが緩やかに曲がっているのは、ビルマ風の涅槃仏の特徴?と思うのですが、これはもうカックンと曲がっちゃってます。
もちろん、普通のタイの涅槃仏は棒、一直線ですよね。



あらためて、足の裏の方から涅槃仏の全身を眺めてみました。
ひざのカックン度合いが際立っていますね。



で、涅槃仏様の御足。
右の足首、確実に逝っちゃってますよ。



さて、その流れのまま本堂をグルっと周ってみましょう。
本堂の裏には、このような少しかっちょいいサーラ―があって、中に仏像が安置されています。



なんで、1体だけ色が違うんでしょう…
つ~か、被り物しているから、出家前の菩薩様ってことですかね。



こちらは涅槃仏と反対側の面にあった、御勝手口?
なんかえらく気合の入った木彫りの柱ですね~



多少荒目ですが、結構細かい模様まで表現されています。



で、改めて本堂です。
それでは中に攻め込んでみましょう。



本堂内部。
とりあえず紐が邪魔ですが…
なんかちょっと派手な印象があるのは、天井の赤がきついのと絨毯のパッチワーク柄のせいですかね。



ご本尊様。
ちょっと目が座ってますか?



そのご本尊様の前には虫かごみたいなのがあり、中に仏像が3体ほど入っています。
こっちがご本尊なのかな?紐も結ばれているし。



壁の絵は、お約束の仏陀の生涯みたいです。



メインとなる入口上部の絵は、仏陀が展開から戻ってくるシーンですね…



あ、地獄じゃん。
獄卒もみんなで慈悲を乞うていますね。



さて、せっかくなので、境内の他の部分も散策してみましょう。
途中にあったシンハ像。
目が血走っています。



で、最奥部にはこのような仏塔が立っています。



仏塔手前には微妙な立像や…



怪鳥なんかの像が待ち構えています。



で、こちらが仏塔本体。
仏塔自体は、別に大きくも変わったところもない、一般的なやつですね。



でもその周りを、仏陀達がガッツリと円陣を組んで守りかためています。



そして仏塔の後ろに広がるのは、こんなのどかな田園風景…
いや~何もないですね。



あとは…
あそこに天上天下君とその仲間たちがいますが、別段変わった物はなさそうです。
ところで、天上天下君の足元、どうなってるの?



ああ、タンブン池でしたか。
汚っちゃないですね~
ということで、そろそろ次行きますか…



と思って外に出たら、涅槃仏の背中に入口があるのを見つけてしまったよ…



ということで、あわてて背中の入り口まで戻ってきました。



中は…
なんか壁が真っ赤で落ち着きませんが、基本的には仏像&仏陀の生涯の絵で構成された空間の様です。



反対側。
電気がついているわけではないので、採光は入口と一部天窓からのみ。



最奥部。
とはいっても、仏像が並んでいるだけですが。



入って最初に見ていた部分を、遠くから改めて眺めてみました。
まあ、こんなもんですかね。



ちなみに、上はこんな感じ。
さすがに体高もあるので、天井もなかなかの高さですね。



Mar./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
とにかく涅槃仏が強烈です。
これだけの為に来てもいいかな?というか、これだけの為に来ました!
まあ、他にも胎内めぐりや、地獄絵、円陣仏陀など、微妙ですが見どころありますしね。
場所は分かりやすいところにあるのですが、交通手段に難ありです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 20°08'46.84" N
100°21'06.79" E



0 件のコメント: