アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、2日目始まりました。
計26か所の予定をしています。
1日目と同様、ほとんどは遺跡だよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.5.18

Wat Phrathat Doi Ton / Chiang Rai

翌朝…
パヤオから、チェンライ東部にやってきました。
しかし、3月だというのに寒い!
20度切ってるよ…ガクガクブルブル
ということでやってきたのが、こちらのお寺ワットプラタートドーイトーン(วัดพระธาตุดอยโตน)です。
とりあえず、この山の上に登る必要があるようですね。



山頂に向かう道中にいた、仏陀と仏陀に喜捨をする象さん。



でも、象さんの目怖いし体もデカいし、襲いかかっているようにしか見えません。



お、山頂が見えてきましたね。
大仏様が行く手を阻んでいますが…



その、大仏様のちょい手前にあった社。
中の仏陀はともかく…



横のお坊さん、妙に表情が生き生きとしていますね。
絶対日本でもいそうな顔ですよ。



で、先ほどの、我々の行く手を阻む大仏様です。
どうですかね~
本体だけで、10m程度ってところでしょうか。



全体的には整った姿をしてますが、ところどころ微妙なところが目につきます。
例えば、乳首が妙に中央に寄っているとか…



ご尊顔。
なんか目が怖い…
謎の格子がハマっていますね。



大仏様の眼下に広がる光景。
う~ん、田舎ですね~
ついでに言うと、チェンライ東部とかは山の中なイメージですけど、実際はこんな感じに結構広大な平地も広がってるんですね。



まあ、大仏様も堪能した事ですし、もっと奥に行ってみましょう。
途中こんなのを横目に進んでいきますと…



正面に、仏塔と謎のコンクリ動物エリアが見えてきます。



手前にいた馬。
何血管が浮き出るほどいきり立っているんでしょうね。
それとも、発情期かな?
股間もいきり立っているようですし。



こちらは犬…
ですよね?
まさかの虎ですか?
まあ、並び順からするとそうなのかもしれませんが…



ワニ…
なわけないですね、胴体を見る限り。



かなり目がイっちゃってる猿。
なんか、胸に2つと股間の3か所に乳首がついていますね~(棒)



で、その奥というか、円形のスペースの反対側は仏像が並んでいます。
でも、別に7曜仏陀ってわけでもないようです。



で、最奥にあるのが、こちらの仏塔。
サイズ的には大したことないですね。



正面にいる仏像…
なんというか、なんでこんなに弱々しく見えるんだろう…
目に自信がみなぎっていないからかな?
それとも、おちょぼ口だから?
頬がこけているから?
まあ、全部かな。



こちらは別の面。
それぞれいる仏像が違うんですね。
それはそれとして、一応仏塔には入口がついていますが…
塔自体めっちゃ小さいんですけど、入られるのかな?




レンガの雛壇があるだけで、何もありませんね。
積んであるごみは、まさかの花火?



別の入り口から。
こちらの雛壇には、仏像やら、石版やら…
これもしかして、雛壇じゃなくて小さな仏塔ですか?
分かりにくいし、ありがたみも良くわからないですよ。
まあ、ともかくこのお寺もこれで終わりですね。
戻りますか。



下山途中にいた仙人さん。
厳しい修行の結果、目がイっちゃった模様。



プラメートラニー様と…
仏陀のデスマスクかな?
妙に額に皺が寄っていますね。



あ~花がきれい!
タイのこういうところは良いですね~



Mar./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、見どころは大仏様と、12支などのコンクリ像ぐらいですかね。
どれも微妙ですけど。
周りに何もない小高い山なので、景色だけは最高ですが…
なんせ、ここに行くまでが大変で、わざわざこれを見る為だけに来るほどではないでしょうね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 20°00'45.62" N
100°16'02.84" E



0 件のコメント: