チャイヤプーム編も、あと残すところ1ヶ所のみです。
そのあとは、ちょっと忘れてたスポットをぶち込むかもです。
あと、ようやく記事アップまでの期間が1年以内になりましたし、ちょっとペースダウンします。
記事書ききれなくなってきたし。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

18.5.18

Talat Khruang Bin (Aircraft Market) / Nakhon Pathom

場所は変わってナコンパトム県にやってきました。
ここに、水曜と日曜限定で開かれている、飛行機市場(ตลาดเครื่องบิน)があると聞いてやってきたのですが…
ちなみに情報源はDACOのこの記事
しかし…



まだ始まっていないのかな?
一応3時近いんで、オープンしているはずの時間なんですが。
夜が本番なのかな?
まあ、ぶっちゃけ市場はあまり興味がないからいいんですけどね。



とりあえず、広大な敷地の一番奥までやってきました。
真正面が先ほど入ってきた大通りの方になります。



で、最奥には、謎のアーチ形の屋根をしたデカい建物が建ってます。



ああ、ディスコか何かですかね?
ビールの旗もありますし、夜の店でしょう。
まあ、それはともかく…



店の前には、なぜか飛行機が置いてあります。



こっちも…
U.S,ARMYだって。
払い下げなのかな?



この車輪のカバーの部分、なかなか機能的でかっこいい!



で、ここから右の方を見ると、向うの方に船とデカイ物体がありますね。



船。
タイ海軍のお下がりですかね?



で、その横のでかい物体ですが…
旅客機の下半分?



内部は…
タダの廃墟でした。



その向こうには、なんか古そうな車がいっぱい並んでいますね~



こっちはトラックかな?



ジープ?
しっかしアホみたいに多いですね~



しかも、何の処置もせずに放置しているだけなので、サビサビのボロボロ…



あ、銘板発見。
U.S.PROPERTY…
Dateのところ、もしかして62年1月…
もしかして、アメリカ軍がベトナム戦争時に使った払い下げ品?



しかし…
何台あるんでしょうね。
しかもこんなに集めて何するんでしょう。



大切に保管する気も無さそうですしね~



あれ?
あそこの赤と白のツートンの物体は、ポケモンボール…
じゃなくて、あれも飛行機の残骸みたいですね。



あ、銘板がありますね…
え?SHINMEIWA…
新明和って日本の会社の名前ですよね??



ドアが開いていますし、中に入ってみましょう。



さすがに狭いですね…
でも、中はまだまともに残ってます。
さっきのやつとは大違いです。



非常口も思いっきり日本語表記ですよ。



運転席。
さすがにだいぶボロボロになっていますね。



胴体の横には、主翼っぽいものが並べて置いてあります。
わざとばらしてあるのかな?



ん?
YS-11 A 500 R…
おお!日本航空機製造製の、戦後初の国産旅客機じゃないですかBy Wikipediaより
この型は、全日空の飛行機みたいですし、やっぱり払い下げ品?



車軸部分の銘板には、住友、三菱重工の文字がありますね~



こっちはエンジンですかね。
なんでこんなにバラバラにしているんでしょう…



アップ。
普段こんな風にむき出しで見ないんですが…
えぐいですね~



もう一度正面から。
操縦席の窓、平面なんですね。
ガラスを曲げる技術とかが無かったのかな?
まあ、さらに先に進みましょう。



こっち側には、ずらっとコンテナの壁が続いています。
あれ?
まだ翼が置いてありますね。
これもYS-11のものなのかな?



う~ん、ここまで来ると、ゴミが散らかっているだけですよね。



ちなみに、コンテナの向こう側は通路があって、やっぱり端の方にジープなどが雑然と置かれています。



看板がありますね…
ああ、この通路、さっきのディスコ?に行くための物なんですね。



お、お次は船ですか。
無節操ですね~
やっぱり軍の巡視艇とかなんでしょうか。



あ、この階段から登れそうですね。



甲板です。
足元のふた、何でしょうか。
さすがにミサイル発射口ってことは無いと思いますが。



操舵室っていうのかな。



内部は、まあ狭いですね。
余計な物はあまりないって感じです。



計器類。
もちろん良くわかりません。



一応下に降りることもできそうですが…
まあ、止めておきましょう。



で、その船のすぐ隣には、飛行機が飛んでいますね。
今までのものと違って、ちゃんと塗装もされていますし、ディスプレイ用でしょうか。



その横にも、色々ならんでいますね。



さっきの飛行機。
これも、U.S.AIRFORCE…
アメリカ空軍機ってことでしょうか。



その前にも青い飛行機がありますね。



胴体に書いてある文字は…
Aircraft Marketだって。



お隣は、色を塗り直す前の機体でしょうか。



あ、迷彩トラックだ。



で、その後ろには、また旅客機ですね。
デカい!



タラップが降りてますね。
でも、トラックの上に登る手段がないので、入れそうにありません。



あ!
これも日本語!
旅客機は日本のお下がりばかりですね~



その旅客機を支えているのは、こちらの怪しい迷彩柄の車。
って、一応車の陰に隠れていますが、ちゃんと支柱がありますよ。
さすがに車のボディーだけで、上の巨体を支えるのは無理ですね。



で、この迷彩車なんですが…
ポンプ車か何かかな?



旅客機前方部。
真っ白に塗られている?ため、機種名とか全く分かりませんね。
で、この先はもう幹線道路。
入口付近まで戻ってきたわけですね。



一応サイドから。
良く考えたら、旅客機タイプで、まともに形を保っているの、こいつだけでしたね。



その旅客機の横にも、ディスプレイ用と思われる、ピンクの飛行機が飾られてますね。
逆光なんで良く見えませんが…



翼には、タラート…
市場って書いてありますね。



別の角度から。



で、飛行機の上方から。
翼に書いてあるのは、タラートクルアンビン…
飛行機市場、まんまですね。



で、肝心の市場なんですが…
結局一時間ぐらいダラダラ見物して回っていたんですけど、まだ始まっていませんね~
一部仕込みを始めているって感じでしょうか。



おまけ。
入口にあった、見覚えのある人形。
タイヤで出来ているんですね。



Mar./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
市場はやっていなかったので、評価のしようがありません。
周りのガラクタは…
まあ、こういうの好きな人には、面白いと思いますよ。
特に、YS-11マニアの方には、たまらないかもしれません。
ともかく、言えるのは、飛行機とかを楽しむなら昼間、市場を楽しむなら夜来るところってことですね。
夜来ても、たぶん暗くて飛行機とかを見る楽しみは半減するのでは?
予想ですけど。

追記:記事書いていて気づいたんですが…
DACOのページの本文の開催日(曜日)が間違っているよ~
実際は、水曜日と土曜日の14:00~22:00のようですね。
まあ、下のデータのところはあっているんで、私の確認不足だったんですが…orz

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°50'55.16" N
100°01'13.17" E



0 件のコメント: