チャイヤプーム編も、あと残すところ1ヶ所のみです。
そのあとは、ちょっと忘れてたスポットをぶち込むかもです。
あと、ようやく記事アップまでの期間が1年以内になりましたし、ちょっとペースダウンします。
記事書ききれなくなってきたし。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

8.5.18

Nam Phu Ron Samo Thong / Uthaitani

ワットパータンから、さらに北上…
ちょうど、ウタイタニ県の中央あたりにやってきました。
ここよりも西に行くと、すぐに山…自然公園なんかに紛れ込んでしまいそうな立地なんですが…
読めますか?看板の文字。



こっちは読めますよね?
ここは、ナムプーローンサモートーン…サモートーン温泉(น้ำพุร้อนสมอทอง)という施設になります。
でも…



面白いことにこの場所、湖の出島みたいな感じのところにあるんですよね。
つまり、今いるところは、四方を湖に囲まれているわけです。



なので、ちょっと目を横に持っていくと、こんな感じに湖が見えます。



あっちも…



こっちも、どっちを向いても、水ばかり。
な~んていうところなんですが…



なぜか島の中央には大仏様が。
温泉なのにね~



めちゃくちゃでかい、というわけではないのですが、それでも10mぐらいは十分にありそうです。



ちょい斜めから…



で、本題の温泉なんですが、こちらが受付の建物っぽいです。



ここのカウンターで、お金を払って…



ちなみにこの施設は、宿泊もできるみたいですね。
料金と写真が掲げてありますが、1泊800バーツだそうで。
まあ、今回は一人で軽く温泉に入るだけなので、一番上の40バーツのコースで十分なんですがね。



周りには、こんな感じにいろいろな建物があるんですけど、それぞれがさっきの別々のコース用のものみたいです。



で、40バーツのお風呂は、こちらの長屋みたいな建物らしいです。
前を歩いている、黒い服のおばちゃんがここの人ですね。



目の前の景色。
一番陸地に近い側なんでこんな感じです。



で、個室温泉はこんな感じ。
まあ、40バーツですし、狭いのは当然ですよね。
でも、写真のイメージよりは広いですし、曇りガラスで採光しているので、明るくていい感じです。



お湯はいつもの天然かけ流しで、熱い分は水で薄める方式です。
硫化水素の臭いは特にしませんね。
(無味かどうかは、なめてないので不明)



お湯も透明ですし…
場所も場所だけに、単純温泉なのかな?
まあ、お湯も溜まったことですし、入りましょう!



あ~気持ちいい~
外は暑くて、汗もかきましたし、最高!



ちなみに、一応足湯エリアもありますよ。
湯船に比べると手軽だからなのか、結構人集まってきています。
でも、10バーツ取るのね…



足湯の湯船はこんな感じでめっちゃ浅く、足の先を浸すといった感じですかね。
もう少しドボンとつけたいものですけど…



Feb./'17
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
まずは…
大仏と温泉のコラボが見られるのは、タイ広しと言えどここだけでしょうね。
しかも、島の上?にあるという立地も、なんかそそられます。
温泉自体は単純温泉っぽいですが、別に臭いが強かったり、酸/アルカリの強い温泉を求めているわけでもないので、特に問題ありません。
宿泊施設完備なのもポイント。
でも…
周りに、食事するところとか何もなかった気がするんですが…
陸地の方も、まともな食堂とか、通り道にはありませんでしたし、宿泊するには十分な準備と覚悟が必要かも。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 15°20'31.96" N
 99°30'53.27" E



0 件のコメント: