Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

18.6.18

Wat Bo Fai / Prachuapkhirikhan

場所は変わって、フアヒン中心から6kmほど北にある、ワットボーファーイ(วัดบ่อฝ้าย)というお寺にやってきました。



境内はこんな感じに緑で溢れていて、その真ん中をこのような通路が走っています。



もちろんお寺なので、仏像なんかも点在しており…



当然本堂もありますし、しっかり閉まっています。
でも、これらが目的ではないので良いんですよ。



見たかったのはこちらの集団なんです。
なんか、黒ん…いえ、アフリカ系っぽい方々が集まっていますが、何をしているのかさっぱりわかりません。



皆さんリラックスしているだけなんでしょうかね。
でも、手前のおばちゃんのスカートの下、なんかヤバそうなものが見えてますが…



う~ん、ちゃんと服とかは色塗り分けているので、手抜きってわけではないと思うんですけどね~



ん?
奥では、えらそうなおじさんに、皆さんワイしていますよ。
もしかして、この黒って罪人を表していて、菩薩様に救済を求めているところなのかな?
以上、勝手な想像でした。
まあ、ともかくまだ奥がありそうなので、先に進みましょう。



あ、謎のナマズオブジェだ。
でも、なんか雷魚にも見えますが…
とりあえずひげで判断です。



で、奥にはこのような池があって、周りには花が咲き乱れています。



池の上には、このように橋が架かっていて、水遊びができるようになっています。



お堂なんかもありますが…
参拝客一人もいないね。



それよりもこの池、周りよりも水位高くないですか?
溢れた水ってどこに流れていくんでしょうね。



Apr./'17
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
黒人の集団と、ナマズオブジェ…
それぐらいしか見るところがありません。
しかもそれらが微妙とあってはね~
まあ、本記事の内容を見て、なおまだ興味を保っている方は、一度覗きに行ってもいいかもしれませんが、普通の方は行く必要なさそうです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 12°37'16.75" N
 99°56'30.08" E



0 件のコメント: