Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

1.6.18

Unknown Ruin 4 / Chiang Rai

先ほどの名前のわからなかった遺跡から北へ100m程度のところにも遺跡らしきものがありますね。
でも、看板の肝心なところがなくなっているのはさっきと同じです。
う~ん、名前が分からん。



こちらは、基本的にこれがメインで、その他は本当に基礎しか残っていないような感じです。



一応正面から。



う~ん、すごいうねりですね~
どういう地盤沈下の仕方をするとこうなるんでしょう…



柱っぽいものの跡。
みんな同じような状態で残っていますが、修復されたものなのかな?



で、祭壇部。
意外にしっかりと残っていますね。
枠の形とか、Rの処理とかがなかなか…
オリジナルかどうかは分かりませんけどね。



で、背後の仏塔。
6角形ってところ以外は、まあ大したことないですね。



ん?太陽光発電を利用したライトアップシステムですか。
なかなかハイテク…
なわけないですよね、たぶん。



Mar./'17
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
こういう名もなき遺跡いっぱいあるんですが、ちゃんとメンテナンスしていないんじゃないでしょうか。
でも、看板の跡があるってことは、当然修復整備はしたんだと思いますが…
どちらにせよ、こういうところを目指すのは、本当に学術的に研究されている方か、遺跡コンプ厨…
私みたいな人ぐらいでしょうね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 20°15'53.67" N
100°04'52.93" E



0 件のコメント: