チェンライパヤオ編始まりました。
全37か所を予定していますが、そのうちの6か所が再訪で、途中14か所ほど、またまた遺跡祭りが待っています。
で、その次は、今のところナコンパトム1Dayトリップ編を予定しています。
一応、5か所+1再訪と、ちょっと少なめの内容になっています。
それと…だいぶ記事作成スピードが落ちてきました…
スコータイマイナー遺跡が終わったら、アップする頻度を減らすかもしれません。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

7.6.18

Wat Rachathammaram / Surat Thani

サムイ島関帝廟から北東に1km弱のところに、ワットラーチャタムマーラーム(วัดราชธรรมาราม)というお寺があります。



境内にタクシーで乗り付けるファランがいるぐらいには、ちょっとした観光地になっているらしいようです。
お目当てはもちろん…



これですよ、このクメール風?の本堂です。
でも…ついこの手の赤っぽい土でできたヤツをみんなクメール風と思っちゃうんですけど、ほとんどは全然クメールじゃなくてタイ風なんですよね。



こちらのお寺も、近づいてみるとやはりクメールとは違うようです。
でも、なかなかのコテコテさですね。



とりあえず屋根の上の部分。
全体的に仏教の要素いっぱいですね。
でも、中央のガルーダに乗った人、誰でしょう…
三又の槍持ってるけど。



入口のナーガ君。



柱の上で組体操。



と、こんな感じで入口周りはコテコテなデコレーションで装飾されています。



ともかく中に入ってみましょう。



内部も外と同じく赤土?むき出しで、壁一面に立体のレリーフが施されています。



ご本尊様。
これだけ金色なんですね。
せっかくなんで、これも赤土で作ってほしかったよ。



で、ご本尊に気を取られつつ前方に近づきすぎると、この落とし穴に落ちてしまうという罠も仕掛けられています。



で、壁の装飾なんですが…
思いっきり仏教画ですね。
レリーフというか、上半身は完全に人形を貼りつけたぐらいの立体度です。



テーマはお約束の仏陀の生涯なようですね。







で、入口上部には、やはり魔王軍を撃退するプラメートラニー様の雄姿が再現されています。
え?仏陀?ああ、座っているだけの人ですね。





で、涅槃っと…



ん?このヤックが争っているのは何でしたっけ?



ということで、本堂を堪能致しました。
葉っぱ一枚の第三級王室寺院のくせに、無理しやがって…
って、まだ続きがあるんですけどね。



実は外壁にも同じように立体レリーフが施されています。
こちらは物語ではなく、このような感じのレリーフになっています。
左右等で重複するので、代表的な物だけですが…





でも、こういう作り方だと、どうしてもぽろぽろとかけらが落ちてくるようで…
こねて、形作って、水でくっつけているだけなのかな?



さて、このお寺海沿いにあるはずなんで…
せっかくなんで海見ていきますか。



っと、脇にあったお堂。
タイ人に大人気の様。
ファランとかは、本堂だけ見て帰って行くんですけどね。
しかし、ここではコブラが崇められているのかな?



スロープもコブラですし。



あ、サーラ―がありますね。
あそこから海見えそうです。



どうですか?
ぶっちゃけここ、湾になっていて下は遠浅っぽい砂地で…
余り海きれいじゃないですね。



対面の仏塔です。
ちょっと煽って写しているのでデカく見えますが、実際は10m程度しかありません。
こんな小さな仏塔なのに、入口があると思ったら…



ちっこい仏陀が安置されているだけでしたよ。



で、その仏塔の奥に、下に降りる階段があって、海に行けるようになっているようです。



でも…
まあ、さっきの汚い海を見に、わざわざ降りる気しませんよね~
登るのめんどいし。



Apr./'17
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
ぶっちゃけ、本堂がすべてのスポットです。
でも、レリーフやコテコテの装飾、かなり頑張っています。
本堂見ているだけでも、結構時間つぶせますし、見ごたえあります。
日本人向けのガイドブックは、こういうの載せないんですけど…
なんででしょうね。
ファラン向けの奴には恐らく載っているんでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  9°27'04.28" N
100°01'51.03" E



0 件のコメント: