あ…知らん間に1950スポットになってたよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、2日目始まりました。
計26か所の予定をしています。
1日目と同様、ほとんどは遺跡だよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.8.19

Tuk Daeng (Red Building) / Chantaburi

鶏糞要塞のすぐそばに、ひときわ目立つ?赤い建物が建っています。



名前は、トゥックデーン(ตึกแดง)、赤ビルだそうです。
いや~本当はこっちが目的だったんですよ。
だって、これ、ムアンボラーン…古代都市公園にもあるんですもの。



ええっと…
とりあえず言えるのは、赤っていうより茶色かな?



ん?
なんかオッチャンがいるよ。



ごにょごにょ…
入ろうとしたら、呼び止められましたが、ただ単に買い物客と勘違いした模様。
入場料は無料です。



中は…
簡単な歴史資料館みたいな感じですかね。



大砲!



これを見ると、海から引き揚げた、当時のものってことかな?
タイ語なんで読めんけど。



あ、さっきのクックキーガイの説明がここにあったよ。
でも、私のタイ語能力と気力の続く時間では、これが2階建て…みたいなことぐらいしかわかりません。
(数単語しか読んでいない!)



隣の部屋…



もう、パネル展示以外ありませんよ。
まあ、建物自体の文化財だから、そんなもんでもいいのかもしれませんが…
以上!



ということで、外に出てきました。
あとは、ぐるっと一周しておきましょうかね。



あ、パネルあったよ。



結局タイ語かよ…
ということで、ムアンボラーンの英語解説から少しだけ…
どうも、ここは植民地時代のフランスが、チャンタブリを攻撃、占領した際に作った、占領軍司令部らしいです。
で、レンガと石膏?は、サイゴンから、その他材料のほとんどは、フランスから輸入して造られた…
って感じ?



西側から。
ああ、最初の写真は、東側のものでした。



ということで、一周完了。



Mar./'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
まあ、私も含めて、近代史はあまり得意ではない…というか、今まで興味が薄かったんで…
やっぱり、そういうのに興味が強い方でないと、ちょっと楽しむのは厳しいでしょうかね。
なんで、ムアンボラーンは、わざわざこれをチョイスして、パビリオン建てたんでしょうね。
謎です。
チャンタブリに史跡とかがほとんどないからかな?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 12°28'52.8" N
102°03'44.9" E



0 件のコメント: