バンコク東部1Dayトリップ編、始まりました。
新規8か所を予定していますので、お楽しみに。

バンコク東部1Dayトリップ編の後は、アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編へと続く予定ですのでお楽しみに。
…だいぶ記事を書き溜めたストックが尽きてきたよ。
どこかで、1日1記事に減らすかも…


解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

15.1.18

Wat Mahaeyong / Ayutthaya

ワットローイライから、川を挟んで南に2km弱のところに、ワットマヘーヨン(วัดมเหยงค์)というお寺があります。



門をくぐってすぐの、境内の風景です。
これだけですと、良くある町中の小さなお寺なんですが…



なんか、クメール風の看板があったりします。



こちらは、門の部分から見えていた本堂。
でも、当然のように扉が閉まっています。



その前には、こちらの礼拝堂が建っています。
こちらも柵があって入れなさそうですね。
でも、扉は開いているようです。



せっかくなので、柵の外から内部をのぞいてみましょう。
あら、弥勒さまなんですね。
しかもお二人。
恰幅の良さもすごいんですけど、目と眉毛の形のせいか、グレイにしか見えません。



で、本命は境内の最奥にある、こちらの物件。
1階部分は、なんか普通のお寺っぽくて、2階部分のみクメール風の装飾になっています。
1階部分、まだ作りかけなのかな?
とりあえず、奥に階段があるようなので、登ってみましょう。



階段の途中から、2階部分を写してみました。
というか、これ以上近づくと、建物の一部しか写らなくなりそう…
装飾は、テーマ的には、乳海撹拌とか、クメールっぽいものが描かれていますが、彫りは本物に比べて浅すぎますね。
ちょっとチャチですか。



で、内部なんですが…
もしかして、ここ、ホーラカン(鐘楼)?
ゴミだらけで、あまり大切にされていないのかな?



Mar./'16
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
もうちょっとすごいというか、大きいクメール風の建物を期待していたんですが…
思った以上にしょぼかったです。
クメール風の鐘楼以外に、特に見どころもありませんし、まあ、来る必要はないでしょうね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°29'50.77" N
100°39'08.02" E



0 件のコメント: