Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

19.1.18

Wat Tha Rap / Saraburi

サラブリ駅から、バンコク方面に向かって3つ目の駅、ノーンセーン駅。
周りに町も形成され、駅員も常駐するような、まともな駅なのですが、そこから東へ1.8km行ったところに、ワットターラープ(วัดท่าราบ)というお寺があります。



境内はこんな感じに、狭く、さみしい雰囲気です。
もちろん観光客はおろか、参拝客も皆無。
まあ、観光客が来るようなお寺でもないですけど。



とりあえず本堂。
でも、当然のように入れません…



で、このお寺で一番目立っているのが、こちらのお堂…
めっちゃデカいんですけど、めっちゃ作りかけですね。



お堂の脇には、このようにぐるっと3方向を、鐘が取り囲んでいます。
で、なぜか中途半端なところにヤックがポツンと立っています。



アップ。
説明書き?もあるみたいですが、乱暴に重ねておいてあるだけです。
もしかして、これから増えるヤック用のプレートも一緒に置いてある?



で、お堂の中なんですが…
このお堂いっぱいに、大仏様が鎮座しています。
まだまだ絶賛工事中の様で、何人もの作業者が、今もえっちらおっちら作業しています。



大仏様のアップ。
う~ん、20mぐらいはありそうですね。
なんか目力がすごいんですが…



この目、なんか螺鈿細工みたいになっています。
でも、まさか貝で作ってないですよね?
デカすぎるし。
それとも、わざわざシャコガイとか使っているんですかね?
近づけないので、真相は闇の中ですけど。



で、そのお堂の、ヤックの反対側には、12支ライドの人達がずらっと並んでいます。
昔は、彩色されていたと思われますが、それもほぼ跡形の無いぐらい色褪せちゃっています。
どれぐらい放置されているんでしょうね。



あ、ラブラブ老夫婦だ。
久しぶりに見ました。
って、このお年の方、ショートだと男女の判別がつかない方いますけど…
もしかして、これ、両方とも男?
タイだとありえそうなんで怖いです。



あとは…
これぐらいかな?コンクリ像は。



Mar./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
みどころは、大仏様と、微妙なコンクリ像群ですかね。
大仏殿が完成すれば、もう少し見栄えもする…かもしれないのですが、この状態だと、落ち着いて観賞するのも難しいですね。
とにかくお寺としても、コンパクトなので、さっと流してみる分にはちょうどいいかもしれません。
逆に時間のかけようがない程度ってことですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°29'29.35" N
100°48'02.68" E



0 件のコメント: