Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.1.18

Wat Phikun Sonkhan / Ayutthaya

アユタヤ旧市街地から、西に向かって約10kmほどのところにワットピクンソンカン(วัดพิกุลโสณคันธ์)というお寺があります。



田舎町の、どこにでもありそうなお寺って感じで、境内もパッと見は、なんてことない普通のお寺に見えますね。
参拝客もいないし。



中央の空き地に立っていた像達。
お坊さんに、ナーガに…真っ黒な3つ首ガネーシャ様!
遠くから見た時には、てっきりプララーフかと思いましたよ。
黒いし。



この仏塔は、やっぱお墓だよね…



もちろん、本堂は固く閉ざされています。
でも、そんなことはどうでもいいんですよ。



こちらが目的のお堂の様です。
入口もやっぱり地味ですね。



内部は、こんな感じに結構奥に長いです。
で、手前右側に、金色の柱があるのですが…



これ、涅槃仏の足の指なんですよ。
壁に近すぎて、この隙間に入って写真が撮れない…



しかし、柱の距離が近すぎなのか、柱と隙間のバランスが悪いのか、とにかくちっとも涅槃仏が見えませんね。



ということで、柱の内側に入り込んで見ました。
確かにこれならほぼ全身を見ることが出来ますね。
でも、足の先まで一緒ってのは無理みたいです。
足の指先、柱の外に飛び出してましたしね。



ご尊顔です。
柱の外からだと、のぞき穴や、扉の隙間からのぞいているような気分になってきます。



でも、柱の内側だと、逆に近すぎてこんな感じ…
どうやって涅槃仏堪能しろって言うんでしょうね。



裏側。
なぜか、涅槃仏の背中のところに、金網がありますね。



あ、階段発見。
ここから涅槃仏の背中に登れるようです。



ということで、涅槃仏を上から眺めてみました。
つ~か、めっちゃ薄っぺらくて、角ばってますね。腕とかすごく不自然です。
まあ、この通路は袈裟の付け替えとかに使っているんでしょうね。
で、この金網みたいな柵は、もちろん転落防止用ってことでしょう。



後頭部のアップ。
この先は金網が無いので、危なくてすすめません…
もちろん、お坊さんたちもここから先には行かないんでしょうね。
行けるようにすれば、お掃除もはかどるだろうに。



そういえば、天井に謎のハシゴがついているんですが…
何のために、どうやって使うんでしょうね。



あと、境内でめぼしいものと言ったら、このお堂ぐらいでしょうか。




まあ、期待もしていませんでしたが、たいしたものはなさそうですね。



Mar./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、とにかくあの涅槃仏がすべてです。
それ以外は何もありません。
涅槃仏自体は、40~45mぐらいありますし、背中に登って、不自然な体型を思う存分堪能できますし…
でも、それだけなんですよね。
この巨大涅槃仏をいかに愛でることができるかにかかっています。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°20'14.54" N
100°28'18.13" E



0 件のコメント: