Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

22.1.18

Wat Phrathat Chom We / Chiang Rai

パーンの街を、北に向かって走っていると、山の上に、なかなかご立派な立像が現れます。
あれ、昔からこの辺りを通るときに見えていて、気になっていたんですよね~
ということで、寄ってみることに。



ここがそのお寺の入り口のようですね。
名前は…
ワットプラタートチョームウェー(วัดพระธาตุจอมแว่)と言うようです。
が…



こ、この階段は…
ちょっと登る気わきませんよね~
目標物は見えているんですが。
ということで、う回路を使って上に向かいましょう。



こんな感じに、山道をずんずんと登って行きます。



え?
こんなところに涅槃仏がありますね!
下から見えなかったんですけど…
ちょっと寄ってみますか。



う~ん、なかなかデカいですね~
でも、人が全然いない。



足元から。
スペースがないため、この角度が精いっぱいです。
足の裏の指紋みたいなのとかからすると、ビルマ仏の影響を受けているような感じです。



でも、なんか足首ピーンと伸ばしているんですよね。
なんでこんな不自然な形を…
ちなみに、GoogleMapで見る限り、大体全長60mぐらいあるようですが、どうもこの足首ピーンが結構効いているみたいなんですね。
そういうこと?
足首普通だと、4mぐらい短くなりそうですし。
でも、下の足の角度、実際にやろうとすると、体の硬い私では再現不可能…
皆さん出来ますか?



この辺りまで来ると、何となく涅槃仏の全体の雰囲気分かりますかね?
足先以外。



バストアップ。
なんか、螺髪がつんつん頭(画像検索でググってみてください)みたい…



涅槃仏様からの景色。
(厳密には、ひざ辺りですけど)
すぐ麓にある街、ほとんど見えませんね。
下の道から涅槃仏見えないわけですね。



涅槃仏の胸のところにあったプレート。
このサイズの涅槃仏に似合わないぐらいの極小サイズですね。
何々?ワットプラタートチョームウェー…
ああ、あの立像のあるお寺と同じなんですね。
めっちゃ離れている(500m以上)から、別のお寺だと思いましたよ。



ということで、本来の目的、あの長い階段の上にやってまいりました。
楽しみの立像は後に取っておいて、まずはあちらの本堂から見てみましょう。



内部はこんな感じです。
壁や床、天井は地味だと思うのですが、なんかチカチカするのは、やっぱりこの見慣れない柱のせいでしょう。



頑張っているとは思うのですが…
あまり、この本堂の内装にはあってないですよね。



ご本尊…
って、ピンボケしてもうた…
髪の毛?の塗り方が雑で、なんか帽子かカツラみたい。



壁一面に描かれているのは、仏陀の生涯ですね、100%。



で、本堂から、立像様の方を見てみました。
ピックアップトラックが写っているので、大体の大きさは伝わると思いますが、20m弱と言ったところでしょうか。
立像の、向かって右隣りが、最初の階段ですね。



後姿。
なんか、マントがドレスみたいに長くて、足の付近は形もわからないですね。
そのくせ、お尻の形だけなぜかはっきりと…
趣味かな?



台座の後ろにいたネーン君。
なんか目つき悪い…



正面から。
これ、台座の上に乗っているというか、台座の前の、小さなお立ち台に立ってたんですね。
なんか意味あるんでしょうか。



ご尊顔のアップ。
なんかちょっと童顔?



立像の前からの、眼下の眺め。
厳密には右方向ですけど、バーンの街の中心方向が広がっています。



で、最初の階段。
いや~登ってこなくてよかったね。
こっちから来たら、さっきの涅槃仏も気づかなかったかもしれませんし。



ああ、一応本堂の裏には、こんな仏塔もありましたが、小ぶりですし、北タイではどこにでもあるタイプですよね。



Apr./'16
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
とにかく涅槃仏ですかね。
現時点で、タイでトップクラスの巨大涅槃仏ですし、当然ですね。
立像は…まあ、ボチボチですが、これだけでしたら、わざわざ来なくてもいいですね。
交通の便は、かなりいい方だと思いますが…
とにかくどうやって登るのかが課題です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 19°34'23.64" N
 99°44'38.06" E



0 件のコメント: