スコータイマイナー遺跡編も、ようやく全24か所のうち12か所終了、折り返し地点に到着しました。
あと半分…多分あと3日で終わると思いますので、辛抱してみてやってください。
その次からは、チェンライパヤオ編に入っていく予定をしています。
全37か所を予定していますが、そのうちの6か所が再訪で、途中14か所ほど、またまた遺跡祭りが待っています。
それと…だいぶ記事作成スピードが落ちてきました…
スコータイマイナー遺跡が終わったら、アップする頻度を減らすかもしれません。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

16.1.18

Wat Pra Dok/ Ayutthaya

今度は、ワットプラノーンから、東側(涅槃仏の足の方)…
こちらにも遺跡があるようですね。
一応GoogleMapのサテライトビューで、存在確認してきたんですよ。
しかし…
あの橋越えていかなくては行けないんですか…いやだなぁ。



名前は、ワットプラドーク(วัดประโดก)というようですね。



とはいえ、周りはこのように草むらが広がるのみ。
確かに、ところどころに、草むらに埋もれたレンガがちら見えしてますけど、ほとんど隠れちゃってますね…



ここは少しましな状態ですが、上には堆積物が積もって、その上にも草が生い茂って…
普段手入れされていないんでしょうね。



お、あそこにサーラ―がありますね。
あのあたりが、周りで一番高そうですし、とりあえず行ってみましょう。
上から見たほうが分かりやすいかもしれませんし。



サーラ―の中は、100%後世の物であろう仏像が並んでいます。
遺跡の残骸は、右に写っている石ぐらいですかね。



で、サーラーの西側はこんな感じ。
こうやって見ると、ところどころに、まともな?レンガのかたまりが点在していることが分かりますね。
でも、草がボーボー。



南側。
なぜかこの辺りは、あまり草が生えていないからか、高さの無いレンガもむき出しになっていて分かりやすいです。



大半の、バラバラになっているレンガはオリジナルっぽいですが…
手前の整然と並んでいる奴は、崩壊防止用に新しく組んだものですかね?



東…
ほぼ何もなさそうですが、先の方に、石か何か、遺跡の構造物だったであろうものが、無造作に置いてあります。



う~ん、元がどういうものであったか、さっぱりわかりませんね。



Mar./'16
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
個人的には、壊れたものは壊れたまま保存する方がいいと思うのですが、これは”放置”ですからね…
せめて定期的に草刈とかして上げて欲しいものです。
(本当は根っこから取った方がいいんでしょうけど)
こういう雑草とかによっても、遺跡って劣化するんじゃないかな…
どっちにしろ、草で良く見えないので、鑑賞には向いていませんね。
乾季でこれですから、雨季はどうなっていることやら…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°20'26.45" N
100°35'25.48" E



0 件のコメント: