チェンライパヤオ編始まりました。
全37か所を予定していますが、そのうちの6か所が再訪で、途中14か所ほど、またまた遺跡祭りが待っています。
で、その次は、今のところナコンパトム1Dayトリップ編を予定しています。
一応、5か所+1再訪と、ちょっと少なめの内容になっています。
それと…だいぶ記事作成スピードが落ちてきました…
スコータイマイナー遺跡が終わったら、アップする頻度を減らすかもしれません。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

14.2.18

Mun Nithi Phuttha Chaksu Witchalai / Nakhon Pathom

ワットサワーンアーロムから東北東…かな?の方向に、約8kmほどの、ターチーン河のほとりにある中華寺にやってきました。
入口からして、工事中で、ちょっと心配になってきますが…
名前は、GoogleMapを信じて、ムーンニティプッタチャックスウィッチャーライ(มูลนิธิพุทธจักษุวิชชาลัย…読みがあっているか自信無し)としておきます。
だって、門に名前書いていないし。



内部は…
とりあえず通路兼駐車場の様ですね。
で、正面の三角屋根がメインの建物っぽいです。



左手の建物。
ぱっと見普通なんですが…



なぜか、屋上に金色の人達が並んでいます。
これ、地蔵菩薩様ですよね?



建物の下の部分には、このような不気味な象さんのレリーフが並んでいます。
だって、牙3対あるし。



その先、正面には、謎の中国人の像。
誰でしょうね。
ぱっと見だけの、個人的な主観では、趙子龍なんですが…
白いですからね。
なんせ、「中国 武将 鹿」で検索すると、山中鹿助しか出てこないし。



で、そこを右に曲がってまっすぐ行くと…
ターチーン河に突き当たります。
ああ、のどかですね~
この辺りまで遡ってくると、さすがに河幅も狭くなってきますね。
で、後ろを振り返ると…



これが見たかったんですよ。
左右にずらっと並んだ像の先には、地蔵菩薩様っぽい巨大な像が立っています。
と言っても、10mぐらいでしょうかね。
つ~か、なんでタイのお寺って、こういう風に、河に向いているお寺が多いんですかね。
ここだって、東じゃなく、南側向いてますし。



左側。
この辺りは人なのか仙人なのか知りませんが、そういう方々のエリアのようです。



で、その先が王様エリアみたいです。
みんな台座にxx王って書いてありますしね。



こちらは右側。
左側とまったく同じかと思いきや、少しづつ違うんですね。
例えば、左が馬だったところが、右は牛になっていたり…



右側の王様たちも、見た目は似てますが、少しづつ左側と違う模様。
王様たくさん居過ぎです。



で、本命の大地蔵菩薩像。
台座の周りにも、小地蔵菩薩像を従えています。
手前の金色の人は、子授け地蔵でしょうか。



アップ。
さすがにこのデカさ、1つの石からの削り出しではなく、いくつものブロックを組み合わせてあるようですね。



で、地蔵観音様の裏側の台座部分に、入口がありますね。
そんなに大きい台座ではないんですが…
まあ、のぞいてみましょう。



狭っま。
まあ、大したことありませんでした。



で、その台座の入り口の先の、左手には、さっき建物の屋上にいたような、金色のお地蔵さんが並んでいます。



なんで、中華系が絡むと、造形のレベルが格段に上がるんでしょうね。
中華系のお寺で、変なコンクリ像とか、あまり見たことないですよね。



で、こちらが本殿。



階段下に、香が焚かれています。
ガッツリ浴びて、魔を払っておきましょう。



体を清めて、いざ本殿内部。
中央に3体仏像が並んでいます。
外には寺男しかいなかったのですが、内部にはちらほらタイ人来てるんですね。
外がクソ暑いんで、外に出たくないんでしょうね、きっと。



ご本尊様たち。
何か違和感があるのは、きっと眉と目、唇だけ塗りたくっているから、不自然に見えるんでしょう。
特に、眉毛をきっちり書いている、金色の仏像ってあまり見ませんしね。



で、そのご本尊たちの両脇に連なるように、いろいろな像が本殿内部の壁沿いに、ぐるっと並んでいます。
何とか天子とか、何とか大王とか、なんとか天とか、御大層な名前の方々が勢ぞろいです。



反対側。
さっきの方は武将っぽいものもいましたけど、基本みなさんきれいに着飾っていました。
でも、こちら側には、ちらほら筋肉野郎が混ざっていますね。



マッチョ代表。
なんとか天と、金剛なんとか力士だって。
確かに、力士の方は、日本の金剛力士像とかに似てますね。



こちらは別の部屋…
これが、この本殿の1階なのか、最初の建物の内部なのか、失念してしまいました…
なんせ、お坊さんがいたので、そそくさと退散して、あまり覚えていないから。



Apr./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
もちろんメインは大地蔵菩薩像。
地蔵菩薩自体、タイではあまりお目にかかれませんからね。
後は、出来が良すぎる、いろいろな像ですかね。
中華寺が好きな人とかには、もってこいかと思いますが、お寺に面白さを求める御仁には、ちょっと物足りないかもしれません。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°46'03.45" N
100°14'45.54" E



0 件のコメント: