チェンライパヤオ編に入りました。
計22か所の予定です。
そのあとは、間にバンコク1ヶ所挟んで、パガン、サムイ島編と続く予定です。
パガン、サムイ島編で2017年4月なので、だいぶ現実に追いすがってきましたよ。
ただ…記事を作る方が追い付かなくなってきたよ…
そのうち失速しそうです。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

28.2.18

Suwan Sathana Phuttha Prawiti Wetsadon Chadok(Wetsandorn Chadok History Park) / Roi Et

ワットパーノーンハイトーンから、さらにロイエット市街地寄り…
外環道路のすぐ外側に、ウェットサンドンチャードック公共歴史公園?(สวนสาธารณะพุทธประวัติเวสสันดรชาดก)という、ちょっとした公園があります。
人工池の周りに、ぐるっとサイクリング?コースが伸びているといった感じになっています。
ちなみに、現在位置は、池の北東側の角で、池中央の出島は、地区の役場みたいなものなので無視します。
では、反時計回りに、ぐるっと周ってみましょう。



この池の周りには、ところどころに、このような謎の像が点在しています。



結構造形はしっかりしているんですが…
何のシーンなんでしょう。



こちらは、女性(ですよね?胸あるし)が踊っているところの様ですが…



タイ版の大名行列ですかね。



その横では、打ち捨てられた死体が…
というか、残骸が山積みになっています。



象の足元にも、踏みつけられた人の死体が転がっています。



ちょうど池の北側あたりにやってきました。



しかし、ここの像は、だいぶ壊れているものが多く、元は何だったのかよくわからないものも多いですね。
修復とかしないのかな?
それとも…
すでに見捨てられている?



池の西側まで来ました。
う~ん、広いですね…



百獣の王ライオンも、こうなってしまっては、如何ともしがたいです。



久しぶりにまともなやつがありましたよ。
馬と仙人…
もちろん何のシーンかさっぱりわかりませんし、仙人の腕もげちゃっていますが。



これは、腕も頭ももげちゃっていますが、地獄とかで良く見る、木の上と下でやり合っているシーン?
ってことは、釈迦の生涯か何かを表現しているんでしょうかね。



これで、約半分…
池の南西の角まで来ましたよ。
しかし、人気が無いのか、忘れ去られているのか、人っ子一人いませんね…



ここも、ほとんど残骸で、むしろ手首のない女性が、ほぼ原形を保っているのが奇跡的です。



この辺りは、比較的まともに残っていますね。
とりあえず赤子を連れた夫婦って感じ?
つ~ことは、釈迦夫妻ですかな。



こちらも、打ち捨てられた感バッチリですが、像としての原形はそれなりに保っていますね。



池の南東部の角までやってきました。
スタートから、ざっと1km地点ってところです。



あ、また象さんが出てきましたね。
その進路をふさいで座り込んでいる人たち…
お釈迦様の、領内巡回シーンかな。



台の上の人が、下にいるおねーさんから、何かを受け取っているようですが…
スジャータさんのシーンにしては、お釈迦様結構肉付きいいようです。
で…
結局この公園って、何だったんでしょうね。



May/'16
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
う~ん、何と言ったらいいんでしょうね。
コンクリ像は、見ての通りこんな有様ですし…
公園としては、日陰もベンチも売店も無いですし、しいて言えばサイクリング&ランニングコースぐらいに使うぐらいでしょうか。
せめてコンクリ像がまともなら良かったんですけどね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°01'24.47" N
103°38'09.29" E



0 件のコメント: