チェンライ再訪編6か所始まりました。
まあこれも、昔の話なのですがね。
そのあとは、ラマ3編、チャチェンサオ編と続く予定をしています。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.2.18

Prasat Chang Pi / Surin

翌朝。
今日はぐるっと大回りしながら、ロイエット方面に周って行きます。
ということで、最初はスリン市街から東方向に24kmほどの、田んぼの真ん中にある遺跡、プラーサートチャーンピー(ปราสาทช่างปี่)にやってきました。



説明書きはこんな感じです。
ちなみにチャーンは、スペルは似てるけど象さんではありません。



遺跡全体はこんな感じ。
斜め前に四角いバライがあります。
やっぱり、バライ越しの遺跡の眺めは良いですよね。



バライはこんな感じに、比較的きれいにラテライトが並んでいます。
さすがにオリジナルですよね。



で、遺跡の正面、東門はこんな感じです。
まあ、ほぼラテライトしか残っていないようですが、結構オリジナルのラテライトの割合が多そうです。
でも、下の方にも新しいラテライトが使われているので、積み直しなんでしょうけど。



で、内部はこんな感じ。
中央に小さい祠堂が一つと、左側手前に経蔵が1つという構成の様です。



こちらが祠堂です。
まあ、これも組み直されたものらしいですね。
ところどころに新しいラテライトが見られます。
しかし…
この、入口の汚いの、どうにかならないものでしょうかね。
タイの人達、こういうの気にならないのかな?



内部はこんな感じで、逆に外ほど汚されていませんが、やっぱりゴミが落ちています。



祠堂を斜め前から見てみました。



で、こちらが経蔵です。
もちろん祠堂側から見ていますので、逆光になります。



入口。
砂岩の新しいパーツも分かりやすいですね。



May/'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
一通り四角い囲いに、門に、祠堂、経蔵がそろっているので、それなりに見栄えはします。
でも、規模としてはちょっと小さいし、装飾も全然残っていないですし、ぱっと見、いかにも修復しましたって感じしますし…
まあ、比較的最近修復したみたいですから当然なんですが。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°55'47.67" N
103°42'06.54" E



0 件のコメント: