コラートブリラム遺跡編も、プラーンバーンプラーンで、長かった遺跡連発も終了です。
残り3か所は、遺跡じゃないのでご安心ください!

コラートブリラム遺跡編の後は、チャチェンサオチョンブリ1デートリップ編、スコータイ近辺遺跡舐めまわし編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

8.2.18

Immigration and Unknown Park / Kawthaung Myanmar

2016年のソンクラン休み、今回はラノーン県にやってまいりました。
一応今朝にラノーン空港に着いたんですけど、本当の目的は明日なので、今日はゆっくりこの辺りを観光しようと思って…
とりあえず来たのが港です。
ここから、河の反対側のミャンマーの町、コートーンに1Dayトリップが出来るらしいです。
ちなみに、ここまでは、バスターミナルからソンテオで来ました。
どうも同じルートをぐるぐる回っているみたいなんで、結構簡単でしたよ。



で、この中にあるイミグレで出国手続き。
前にいる奴らが遅いのなんの…
でも、日本人は結構速いみたいです。



で、このボートで向こうに渡る模様です。
そこらへんのおっちゃんに声かけて交渉するらしいですが…
何人かに聞いたけど、統一価格があるっぽく、ネット情報のような底値は出てきませんでした。
外人と思ってぼられたかな?



ということで出発!
と言っても、まだ巨大なクラブリー河の河口ではなく、その支流。
あの、目の前の島辺りから、クラブリー河の河口に出るらしいです…



って…
あれれ?
なんか変なところに止まりましたよ。
まだ、支流の中なんですけど…
船頭さんいわく、ちょっと待っててとのこと。



なんか、Departureと書かれた窓口があって、ローカルっぽい人とか、中国人っぽい人とかが窓口で何かしています。
さっきのイミグレと別なのかな?
で、結構良くわからないまま待たされて、再出発。



あの島の向こうは、巨大なクラブリー河の河口です。
GoogleMapで確認する限り、対岸の目的地まで5km弱ありそうです。
広いですね~
こんなボートで大丈夫?



と、なんだかんだで、対岸にやってまいりました。
あのあたりが、コートーンの町みたいです。



右手の岬にあったお寺?



到着~
厳密には、桟橋のようなところではなく、もう少し北にある岸に直付するようです。



ということで、まずはイミグレに行かなくっちゃ。
桟橋近くにあると思うのですが…



あったあった。
無事入国。
というか、こんなんで良いの?って感じです。



そのイミグレの南には、ちょっとした海辺の公園があります。



おや?
ネズミ―ランドの住人がいますね。
まあ、これだけ似ていないと、問題にならないのかな?



ぶ、ぶたかな?
ちょっと意地悪そうな目つきしています。
立ち位置で言うと、スネ夫かな?



イエローラビット…
なのかな?
全然似てないので、まったくわかりません。



あっ、アウトー!
さすがにこれはヤバいでしょう…
知っててやってるのか、知らずにやっているのか…
タイでも著作権意識低いですけど、おそらくもっと低いでしょうし。



ところで、公園のすぐ前に、このような建物が建っています。
如何にもミャンマーって感じの建物ですよね。



その中は、コーヒーショップ?かなにかの様で…
ミャンマーの生ビールも提供しているようです。
せっかくなんで…



ああ~旨い!
しかも、結構安かったと思います。
(細かい値段覚えていないけど…もちろんバーツ払いです)



Apr./'16
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
まあ、イミグレの様子を紹介したいがために無理やり紹介しただけなんで、中身が無いのはやむを得ません。
下調べせずに来たのが行けないんですが…
このエリア自体は山に囲まれて狭いんですが、山の向こうにはもっと町が広がっていたようです。
見どころもあるらしいですし…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  9°58'36.73" N
 98°33'09.63" E



0 件のコメント: