チェンライパヤオ編に入りました。
計22か所の予定です。
そのあとは、間にバンコク1ヶ所挟んで、パガン、サムイ島編と続く予定です。
パガン、サムイ島編で2017年4月なので、だいぶ現実に追いすがってきましたよ。
ただ…記事を作る方が追い付かなくなってきたよ…
そのうち失速しそうです。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

21.2.18

Wat Prasat Kaeo / Surin

場所は一気にスリン中心を越えて、さらに東北方面へ13kmほどの小さな環濠集落(だって周りにお堀っぽいのあるし…)。
その一角に、ワットプラーサートゲーオ(วัดปราสาทแก้ว)という、クメール遺跡のあるお寺があるらしいのですが…
ああ、ここを曲がったところの様ですね。



こちらがそのお寺…
というか、目の前のサーラ―が目的のところみたいです。
一応、タイ観光庁の説明書きもあるようですが、文字が読める状態には無いようですね。
とりあえず、今は西側にいるので、正面に周りましょう。



正面はこんな感じ。
って、まあ結構庇の長い屋根で、植木も邪魔で…
さらに、上げ底になっていて、中の様子が良くわかりませんね。



しかも、全周をこういう木の格子で囲まれてしまっています。
まあ、見えないわけですね。
でも、一応入れるみたいなので、入ってみましょう。



内部はこんな感じ。
せっかくサーラ―で風通しが良いはずなのに、隙間のあまりない木の格子で囲っちゃっているので薄暗いですね。
まあ、なんとか内部は見えるので構いませんが。
ともかく、どうも中央の祠堂?が遺跡部分みたいです。
床は基部も真新しかったですし、完全に最近の建材で固められているようです。
さらに、祠堂の正面も、まず後付けであろう漆喰で塗り固められています。
そういうのって、タイ観光庁から指導とかないのかな?



祠堂の内部は…
お寺なんで当然?仏像が安置されています。
というか、もともとこんなに入口狭かったんですかね?
それすら疑わしいです。



裏側は一応レンガむき出しですが、これは積み直した物なのでしょうかね。
少なくとも、新しいレンガではないと思いますが…
もし新しいレンガなら、遺跡なんておこがましくて名乗れないはずですし。
(タイならわからない?)



May/'16
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
残っているのが、小さい祠堂だけってのもあるのですが、その扱いが…
完全にお寺に染められちゃってます。
みどころも特にありませんし、無理に来なくていいかと。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°57'59.01" N
103°35'05.30" E



0 件のコメント: