祝!1900スポット!
何もないけど。

ムーン川を見守るように立っているナーガが魅力の、ワットパーパークドームで、1900スポット目になります。
正確には記事数なんですけどね。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.2.18

Wat Chang Kham / Chiang Rai

ワットアソークの奥に見えていた遺跡がこいつです。
まあ、仏塔みたいですね。



名前はワットチャーンカム(วัดช้างค้ำ)というみたいですね。



手前の階段部には、このようなナーガ?の頭が首をもたげています。
どう見ても蛇にしか見えませんが、角みたいなのが無いからかな?
胴体部は、真新しいレンガの様ですし、頭だけ落ちていたのを修復したって感じですね。



アップ。
目とか、一部のレリーフとか残っていて、いい感じです。
全体が残っていれば言うことなかったんですけど…



塔の中段には、こんなレリーフがくっ付いています。
最初関取か何かと思ったんですけど…
これ、もしかして象さんなのかな?
そういえば、確かにここの名前はワット”チャーン(象)”カムでしたね。



象さんを別角度から。
象だろう、と推測した後でも、象の特徴的な部分が全くないので、どうも違和感ばかりです。
せめて牙の跡と耳の跡とかがあるとか、もうちょっとだけ、鼻の根元が残っているとか…
多少でもあれば、象感が格段にアップすると思うのですが。



仏塔側から、さっきのワットアソークの方を眺めてみました。
こうやって見ると、結構でかいですね。



Apr./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
塔自体は漆喰も何も残っていない、ありふれたものなんですけど、蛇…じゃなくてナーガヘッドと象さんは素晴らしいです。
まあ、ほんのわずかだけしかありませんが、このチェンセン遺跡群の中だけで言えば、珍しいんじゃないでしょうかね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 20°16'11.39" N
100°04'51.96" E



0 件のコメント: