サタヒップ編始まりました。
と言っても3か所だけですけど。
その次はランパンリベンジ編を予定をしています。
そのあとは…
今まで何度も行ってたのに、一度もUPしたことのない、ロッブリ遺跡訪問編をぶち込むかもです。
昔の話ですが。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

5.2.18

Wat Sawatdi (Wat Sawad Dee) / Chiang Rai

メコン河沿いを走っている1129号線から、ちらっと陸地側を見ると、このように瓦礫の奥に遺跡みたいなものが見えます。
瓦礫って言っても、古いレンガじゃなくて、本物だから普通気付かないよね。
かんばんないし。



で、なんとか瓦礫を越えると、ようやく遺跡の全貌が見えてきます。
こうやって見ると、結構まともな遺跡じゃないですか。



床面は、ほとんど手は入れられてなさそうですね。
しかも、崩れたレンガもそのまま放置されてますし。



柱も結構まともな姿で残っています。
特に根元辺りは昔のままっぽいですね。



で、奥にある祭壇と、仏塔…じゃないよね。
四角いお堂みたいなものですかね。



入口上部には、少しだけですが漆喰が残っています。



内部は…
まあ、当然ですが、真新しい金ぴか仏像に置き換わっていました。



改めて、お堂を斜めから見てみました。



で、そのお堂にくっつくようにして、後ろ側に仏塔らしきものがあります。
上の方はほとんど残っていませんが、上部が丸くなっているので、かろうじて当時の姿が想像できます。



別角度から。
こうしてみると、当時はボチボチな大きさだったのかな?
ああ、ところで案内かんばんの写真がピンボケで紹介できないんですが、ここの名前は、ワットサワッディー(วัดสวัสดี)と言うようです。
あの、サワッディーカーのサワッディーと同じスペルですね。



Apr./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、そろそろみんな同じに見えてくる時間帯なんですけど、さすがにここの四角いお堂?は他にはなかったのでちょっと新鮮です。
とにかく、場所の分かりにくさと、自己主張のなさは何とかしてほしいものです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 20°16'06.36" N
100°05'18.69" E



0 件のコメント: