チェンライパヤオ編に入りました。
計22か所の予定です。
そのあとは、間にバンコク1ヶ所挟んで、パガン、サムイ島編と続く予定です。
パガン、サムイ島編で2017年4月なので、だいぶ現実に追いすがってきましたよ。
ただ…記事を作る方が追い付かなくなってきたよ…
そのうち失速しそうです。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

20.2.18

Prasat Bai Baek / Buriram

県境を越えて、ブリラムへやってまいりました。
この辺りは畑や農園が広がっているのですが、そのところどころに、このような環状の集落が点在しています。
ちょっと変わっていますが、どういう理由でこうなっているんでしょうね。



それはともかく、畑や農園を走っている道路は基本まっすぐなので、こんな感じになんとものどかな風景が続きます。



おっ、ダム湖というかため池ですね。
1枚目の写真の中央下に写っている奴です。



こんな感じで、ほんとのどかです。
まあ、それはともかくそんなところをズンズンと進んで行き、農園の中に入っていくと…



ああ、見えてきましたね。
あれが目的の遺跡です。
名前はプラーサートバイベーク(ปราสาทไบแบก)と言うようです。
ですが、入ってきたのは西側から…
(厳密には写真は北西ですが)



とりあえず、正面の東に周り込みました。
基本3つの祠堂で構成されているみたいですね。



これが、真ん中の祠堂です。
偽窓が上部しか見えないってことは、だいぶ土に埋もれちゃっているってことですかね。
それよりも、入口ないのかな?



真ん中の祠堂の反対側(西側)。
ごそっと壁なくなっちゃってますね。
東側からの見た目では想像できないぐらいヒドイです。



こちらは南側にある祠堂。
こちらも偽窓がほとんど埋もれちゃっていますね。
正面は入口も見えません。



で、裏側(西側)なんですが…
あれれれ~?
なんか、入口みたいなものがあるよ~
ということで、どうもこの遺跡、西側が正面みたいです。



もちろん、ほとんど埋もれていて、入口入ること出来ませんですけどね。



こちらは北側の祠堂を正面…ではなくて裏側(東)から見たところ。
厳密には南東ですけど。
高さに関しては、こいつが一番残っているようですが、すでに正面側がごそっとないのが見て取れますね。



一応正面側。
かろうじて、入口部は残っていますが、その上はごっそりなくなっています。
むしろ、この状態で裏側の壁が残っていることが奇跡ですかね。



超低いんで、中のぞいてみました。
まあ、さすがに何もないですね。
周りに民家もなさそうですし、タンブーンもされていない模様です。



で、中央の祠堂の西側には、このような遺構が残っています。
これが入口…西門の跡なのかな?



ということで、改めて、遺跡正面(西側)から、遺跡全体を撮ってみました。
この写真に写っているところが、ほぼ遺跡のすべてです。



ところで、この周りには地面もそうですが、このような巨石がちらほらとあるのですが…
遺跡と関係あるのかな?



May/'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
遺跡としては、規模も大したことないですし、残っているところも少ないです。
ただ、おそらく…特に祠堂はほぼ当時のままの状態だと思われますし、見る価値はあると思います。
西門は積み直していそうですけど。
だた、とにかく場所が悪い!
タート道をひたすら進む必要ありますし、場所も国境近くの僻地ですし…
つ~か、ここ私有地?
やはり、よっぽどクメール遺跡ラヴな人以外は、まあ無理に行く必要はないかもしれません。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°20'46.16" N
103°09'47.24" E



0 件のコメント: