コラートブリラム遺跡編も、プラーンバーンプラーンで、長かった遺跡連発も終了です。
残り3か所は、遺跡じゃないのでご安心ください!

コラートブリラム遺跡編の後は、チャチェンサオチョンブリ1デートリップ編、スコータイ近辺遺跡舐めまわし編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.2.18

Wat That Phankhan / Roi Et

ドーンクムグン古代遺跡から、西へ2.6kmほど行ったところにある、小さな集落。
その隅の方に、ワットタートパンカン(วัดธาตุพันขัน)という、小さなお寺が建っています。
まあ、お寺自体はどうってことないんですけど…



お寺の境内に、デーンと遺跡が建っているんですよ。
名前は、おそらくタートパンカンだと思うのですが…
定かではありません。



正面から見たところです。
正直なところ、正面からだと、平面的でいまいちですね。
さっきの斜めからの間が目の方がかっこいいかも。



メインと言うか、唯一の祠堂のアップ。
これが修復済なのか、ほぼそのままなのかはわかりませんが、上部の形がちょっと変わっていますね。



偽窓などに、漆喰も残っていますし、ある程度はオリジナルなんだと思います。



内部には、やっぱり仏像が安置されちゃっています。
まあ、お寺ですし仕方のないところかもしれませんが…
もう少し、お顔の方、どうにかならないものなんでしょうかね。
それとも、わざとたれ目にして、優しい雰囲気を出したみたいな感じなんでしょうか。



ところで、なぜか遺跡の前に、謎人形が立っているのですが…
妙にリアルで怖い!
どちらさまでしょうかね。



May/'16
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
まあ、遺跡の規模としては大したことないですし、場所も悪いですし…
というか、この遺跡、祠堂の周りにもちらほら遺構が残っていたらしいんですが、すっかり見るの忘れていましたよ。
さすがに遺跡ばかりで飽きてきたのかな…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 15°33'46.93" N
103°55'10.29" E



0 件のコメント: