サタヒップ編始まりました。
と言っても3か所だけですけど。
その次はランパンリベンジ編を予定をしています。
そのあとは…
今まで何度も行ってたのに、一度もUPしたことのない、ロッブリ遺跡訪問編をぶち込むかもです。
昔の話ですが。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

5.2.18

Wat Mun Chiang / Chiang Rai

ワットバーンローンから、西に200mほど行ったあたりの、道路脇にも遺跡がありますね。
本当、犬も歩けば棒にあたるレベルで、遺跡に遭遇出来ちゃいます。



名前は、ワットムンチアン(วัดมื่นเชียง)というようですね。



遺跡全体はこんな感じ。
手前に入口があって、その奥にウィハーン、仏塔と続くようです。
もちろん、私が道路から一番遠いところまではいってきているので、遺跡の入口があるのは東側です。



で、少し進むと、改めて入口だったと思われる遺構が現れます。
今まで歩いてきたところは、テラスかな?
でも、柱の跡もあるようでしたし、屋根はあったと思いますが。



入口っぽい遺構に残っていた装飾。
いつも思うのですが、これらの漆喰、時間の経過とともに剥がれるのは分かりますが、剥がれたやつは何処に行っちゃったんでしょうね。
回りに剥がれた残骸が散らばっていれば納得できるんですけど。
風化し、細かくなって、風で飛んで行ったってこと?



で、メインの祭壇部と仏塔の部分。



一段上がったところにある祭壇。
なぜかガネーシャ様パネルが飾ってあって、これはこれで気になるのですが…
この祭壇っぽいもの、丸みとか考えると、もしかして大仏様の膝だった部分?
考えすぎかな。



仏塔横には、一応仏像だったものもちらほらと残っています。
でも、ビルマ軍マメですよね。
首一つ刈り取るのだって、機械の無い時代だと、結構大変だと思うのですが。



で、仏塔のアップ。
これは正面視。
漆喰は剥がれちゃって、レンガのベースの形のみが目立ちますね。



別角度には、少し漆喰のレリーフが残っています。



Apr./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
規模はボチボチですが、まあこのようなその他大勢的遺跡としては、ましな方ではないですかね。
仏塔も形が残っており、漆喰も残っていますし。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 20°16'09.46" N
100°05'09.50" E



0 件のコメント: