チェンライ再訪編6か所始まりました。
まあこれも、昔の話なのですがね。
そのあとは、ラマ3編、チャチェンサオ編と続く予定をしています。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.2.18

Leng Boran Khadi Don Khum Gen (Don Khoom Ngern Archaeological-site) / Roi Et

クーカンタナームから北西に12kmほど…
2086号線から、さらにローカルな道に入って行ったところに、ワットパームアンワーン(วัดป่าม่วงหวาน)なるお寺があります。



名前の通り、森みたいな境内のお寺なんですが、そこを南に突っ切っていくと、出口が見えてきます。
で、それを抜けると…



クメール遺跡の遺構が現れます。
おそらく、お寺の境内を抜けてこないと、ここにたどり着けないようですね。
(一応道を探してみました)



名前は、ドーンクムグン古代遺跡(แหล่งโบราณคดีดอนขุมเงิน)といいます。
ぶっちゃけ、いつものような、祠堂があったり、城壁があったり…
と言った類の遺跡ではないようで…



こちらはฐานโยน๊…
直訳でヨニの台座?らしいです。
って、書いてあります。



こちらがヨニですが…
ヨニだけえらく白っぽいですね。
新しく作り直したのかな?



こちらはกล่มโบราณสถาน…
古代の状態が集まったところ…??
どうやって訳すのかな?



この辺りが、まともなサイズの石ですね。
これが石畳の上に置かれていますが、これが何なのかはさっぱりわかりません。



こっちは、その石畳の方。
なんか、こっちの方がかっこいいかな?



こちらは、บ่อน้ำ…
池ってことですかね。
石の向こうのところ、池だったのが埋もれちゃったのかな?



と思ったら、井戸がありましたよ。



こっちはหินตก…
直訳で落石とかかな。
ということは、遺跡を構成していた石が崩れ落ちたものってこと?
で、それをとりあえずここに集めて並べているのかな?



そういわれると、番号の振られた石が、不自然なぐらいきれいに並んでいますね。



こちらは、รางระบายน้ำ…
直訳で、水を排出するレールってことは、排水路ってことですかね?



たしかに、ちゃんと石で両脇を仕切っていて、手前の石なんかは、ちゃんと穴がくりぬいてありますね。
で、何の水を排水する為の物なんでしょうね。



こちらも同じ、排水路。



こっちはちょっと崩れちゃっているかな?
でも、なかなか他では見ないんで面白いかもね。



排水路側から、遺跡全景を眺めてみました。
まあ、建物が無いので、こんな地味な絵にしかなりませんね。



唯一の建物?は、こちらの精霊廟。
こんなの最近の物じゃん。



May/'16
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
他の遺跡にはあまり見られない、池(井戸?)や、排水路などがあるので、いつものレイアウトを見飽きた人には、こういうのも面白いかもしれません。
でも、一般人にとっては、見ごたえのあるもの、ぱっと見感動できるようなものが無いので、たぶんピンと来ないかと思います。
まあ、無理に来るところではないですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 15°33'20.87" N
103°56'26.40" E



0 件のコメント: