Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

12.2.18

Wat Sanphan Thai Norasing / Samut Sakhon

サムットサコン南東部のワットサーンパンターイノラシン(วัดศาลพันท้ายนรสิงห์…って読むのかな?自信無し)にやってきました。
今日の車がクーラー利かせまくりで、レンズが曇ってしまうので、最初の方の写真が白ボケてしまっているのはご了承願います。



入ってすぐに目に飛び込んでくるのは、本堂です。
でも、その前に…



本堂の斜め前…
というか、入ってすぐ右手に、結構立派な立像があります。



こんな感じです。
10mぐらいかな?
自動タンブーンリフトもしっかり備わっています。



で、その先には、このような建物が続いています。
タイ人もそちらに出入りしていますし、行ってみましょう。



構造としては、こんな感じに細いギンギラギンの柱が林立しています。



奥には、こんな感じに仏像が並んでいて…



こちらがタイ人の人気タンブーンスポットみたいですね。
(なんせ他の場所には全然タイ人いなかったし)



石でできた仏像。
しましまは、石自体の模様ですかね。



で、今日の本命の本堂に行ってみましょう。



…朝から階段登るのめんどくさいですね。



ということで、こちらが本堂です。
まあ、サイズとしては大したことありませんね。
高さはそれなりですが。



で、周りにはこのようなサーラ―が建っており、それぞれにお坊さんの像が安置されています。



さっきの立像と、建物。
さっきの建物の2階部分には、ずらっと仏像が並んでいますね。



こんな感じ。
でも、なんか僧坊っぽくて、近づけませんでした。



本堂の入り口はこんな感じ。
誰だか知らない人が立っていますが…
あ、開いてますね。
入ってみましょう。



内部はこんな感じです。
壁全面に仏教画が描かれています。
本堂の高さの割には、ご本尊様小さめですかね。



ご本尊様のアップです。
まあ、面白さは無いですが、なかなかいい出来ではないでしょうか。



で、先ほども述べたように、周りの壁一面に、こんな感じに仏教画が描かれています。



って、あれれ?
壁に地獄絵が描かれているよ~
地獄ツリーの様ですね。
場所は、ご本尊の後ろの壁の、向かって右側です。



で、そこからご本尊様の背中の壁をのぞいてみると、地獄鍋が描かれていますね。
しかし、ご本尊様が邪魔&隙間に荷物がいっぱいで正面から撮れません…



こちらは、ご本尊の後ろの壁の、向かって左側の壁の地獄ツリーです。



そこからさっきの地獄鍋をのぞいてみますが…
これが精いっぱいですね。
残念。



本堂正面(東側)の景色。
何もありませんね…



こちらは、本堂北にあった礼拝堂?です。
失念して、全体の写真を撮り忘れました…



内部は、こんな感じに仏像と、お坊さんの像がずらっと…



こちらは反対側。



奥の仏像はこんな感じ。



で、その手前にあった、青い仏像。
ライティングされているのもあって、えらく派手ですが、まあタイらしいですね。



こちらは赤いヤツ。
対になっているのかな?



さらに奥に、北に向かいましょう。
道中には、こんな感じにちらほらと仏像があったりします。



こちらにも、仏像がありますが、小物は無視無視…



だって、目の前の運河の先に、謎のでかい建物があるんですもの…
まあ、思いっきり作りかけの様ですが。



見ての通り、まだまだ形もしっかりできていない状況ですが、仏像がずら~っと並んでいるのが分かると思います。



で、よく見ると、奥の方では涅槃仏っぽい物も作成中みたいですね。
おそらく腰から下の部分でしょう。
※この記事UP時には、既に(ほぼ?)完成している模様。
 40mぐらいありそうですね。



で、作りかけの建物の内部…
2階部分はこんな感じで、外からも仏像がずらっと並んでいたのが見えましたが、それが何列にも並んでいます。
いったい、全部で何体あるんでしょうね。



1階部分は…
まだまだ何もありませんね。
これから作る予定があるのか、このまま行くのか…



運河からの景色。
う~ん、のどかですね~



Apr./'16
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
立像と、地獄もいいのですが、奥の作りかけの建物、今の時点で仏像がいっぱいで楽しめます。
涅槃仏も楽しみですし… 
ちょっと遠いのが難点ですかね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°31'57.85" N
100°22'51.99" E



0 件のコメント: