Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

9.2.18

Koh Mai Thon (Mai Thon Island / Honeymoon Island) / Phuket

今日は日帰りツアーを利用し、マイトン島、別名ハネムーンアイランド(เกาะไม้ท่อน)に行ってみることに。
しかし…
距離の割に、異様に高いんだよね~
ラチャ島よりも高い!



ああ、見えてきましたね。
あそこみたいです。



おおっ!
めっちゃきれいじゃないですか!
プーケットに近いのに、こんなにきれいなんて…
もしかして、不当に値段を吊り上げることで、客の量を減らしてるとか…
そんなことは無いと思いますが。



う~ん、サンゴもモッサモッサあるようですね。



…と、とりあえずこのあたりでシュノーケリングするみたいですね。
ではエントリー。



お~っ!
パヤム島が予定通り?あまり綺麗ではなかったので、余計に感動しますね。



こちらは、ハシナガチョウチョウウオかな?



水がきれいなんで、こんな小さいのもくっきり!



あ、センジュイソギンチャクだ。
でも、結構深いな~
潜って、クマノミの写真を撮ることもできるけど、空中浮遊で体固定して写真撮るなんて作業、息も持たないし、体も浮いちゃうし、無理っす。



ということで、お手頃な物ばかり見ちゃいます。



あ、なんかの魚の群れだ。
でも、あまり綺麗じゃないので、興味もないし、名前を知らないです。



普段あまりやらないんですが、下から上方向にカメラを煽ってみました。



水中から、真上の水面を…
雑誌の写真の様には行きませんね。



でも、デバスズメ見てると、うれしくなりますね。
雑魚なんですが、やっぱり群れているときれいです。



地形的には、島→砂地→サンゴ礁→砂地が続く…みたいな感じです。
サンゴ礁の外側はこんな感じに深くなって、砂地が続いています。
で、砂地に設置されているのは、漁礁かなにかですかね。
外洋はどうしても波が高めで、少し透明度が落ちるようです。



ということで、サンゴエリアで楽しみましょう。
きれいだし。



スズメダイの幼魚。
この枝サンゴの隙間をねぐらにしているのかな?



あれ?
空き屋ですかね?
端っこにちょろっといますね。



ということで、大物はいませんでしたが、満足でした。
って、まだ終わりませんよ。



沖でのシュノーケリングも終わったので、島に移動します。
船を桟橋につけ、上陸。
う~ん、海きれい。



なんですかね、この標識。
ストレスとか、心配事とか、悪いことはみんなめちゃくちゃ遠くにあるんですね。
幸せな人たちです。



桟橋の側は、さすがに船の事故が危ないからか、ちゃんと遊泳許可エリアを表すブイがあります。



で、この辺りはずっと砂地が広がっているわけですね。



ということで、陸地に到着。
これ、最初何かと思いましたが、これもしかして、ブライダル挙げた人たちが、ここで記念撮影をする…
そういう場所なんですかね。



ビーチもきれいですね。





海水もきれい!
まあ、さっきまで潜って確認していたんで当たり前ですが。



さて、せっかくなんで、ビーチからもエントリーしてみましょう。
といっても、砂地を過ぎると、さっきのサンゴ礁の部分に到着するだけなんですけどね。



なんか、でかい魚いた。



クマノミいたよ。



チョウチョウウオの仲間?と…
白いのは何でしょう。



こちらもチョウチョウウオですね。



こういうメタリックブルーのシャコガイってきれいですよね。



ツノダシ…軍曹さんですね。



底の方までくっきり見えますね~
これだけ澄んでいると、楽しくていつまでもシュノーケリングしていたくなります。



あ、ウツボだ。
移動中なんですね、めずらしい。



さて、せっかくなんで場所を変えましょう。
砂地を移動して…
この魚、砂地で良く見るけど、なんでしょう。
尾びれが長くてきれいなんですけど。



でも、基本的に砂地はあまり魚いないですよね。
なんかちょっとさみしい雰囲気です。



ということで、別の場所に来ました。
早速クマノミ君がいますね。



こっちにも。
なんか、イソギンチャクの生息するところにばらつきがある気がしますね。
かたまっているところは、たくさんかたまっているんですけど、いないところにはちっともいない…



たまに見ますけど、なんて魚でしょう。
比較的大きいですし、色もこんなんなんで目立つんですが…



しかし、鰺多いですね。
しかも青くキラキラ光ってきれいです。



ちょっと追い掛け回してみました。



でも、遠くまで逃げないんですよね~
ここで泳いでいる人間は直接捕まえないって、知ってるのかな?



フグ。
このフグ、タイのサンゴ礁で一番たくさんいるフグな気がします。



あ、ヤッコの仲間だ。



チョウチョウウオ…



別角度でもう一枚。



こいつらも良く見るんですけど…
良くサンゴかじってるんですよね。
ガリガリ音が聞こえるし。



ということで、お魚モッサモサでした。
ただ…
大物はあまりこの辺にはいなさそうなのが残念でした。



海から上がった後は、ビーチでビールでも飲んで…以下略(写真撮り忘れた)



Apr./'16
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
プーケットから近いですし、海もきれいですし、魚も多く、サンゴもいっぱい。
しかもビーチにちゃんとした売店というかレストラン?もあって、最高ですね。
欠点は、ツアー料金が他と比較し高いことと、地形の問題だと思いますが、大物はあまり期待できそうにないことでしょうか。
ああ、あと人が結構多い!
でも、この辺りでこれ位海がきれいなら、間違いなくお勧めできます。
(たまたまじゃないよね?)

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  7°46'10.29" N
 98°28'57.31" E




0 件のコメント: