サタヒップ編始まりました。
と言っても3か所だけですけど。
その次はランパンリベンジ編を予定をしています。
そのあとは…
今まで何度も行ってたのに、一度もUPしたことのない、ロッブリ遺跡訪問編をぶち込むかもです。
昔の話ですが。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

7.2.18

Wat Saen Muang Ma / Chiang Rai

チェンセン市街地北西部。
こっちの方には、ちょろちょろと高級そうなリゾートが点在しているエリアで、しかも街の中心からはちょっと遠いので、私みたいな人間には縁の遠いところなんですが、こちらの方にも遺跡が残っているということなのでやってきました。
ちなみに遺跡公園の入り口は北側なので、今は遺跡を横から見ているところです。
仏塔に対し、向かって左側…
東の方にウィハーンがあるといった配置です。
まあ、いつも通りですね。



名前は、ワットセーンムアンマー(วัดแสนเมืองมา)と言うようです。



とりあえず、遺跡と言うか、ウィハーン部の正面にやってまいりました。
このメインのウィハーンと仏塔自体は、この公園の規模に比べると小さ目なんですが、その代り?周りにも付随の遺跡が残っています。



これは、今立っている位置から見て、右側…
遺跡公園の入口側です。



こちらは、左側。
まあ、土台以外何もないですけど。



で、後ろ…
東の方向。
これ、ウィハーンに入ってくるための参道か何かなんですかね。
目の前のトタンで無理やり途切れていますが、本来はもっと向こうに伸びているんでしょう、きっと。
あの家の庭にも、遺跡が続いてるってことですね。
うらやましい…のか、はたまた面倒臭いのかは、その人次第なのかな?



ウィハーンの上には、申し訳程度の、柱の跡があります。
この地面、土ですよね。
私は詳しくないのですが、時代とか、遺跡のクラスによって、レンガを敷き詰めて見たり、土で覆うだけだったりするんでしょうか…



で、こちらが祭壇の痕跡と、仏塔ですね。
遺跡全体の荒廃度に比べて、仏塔だけ飛びぬけて原形を保っていますね。
やっぱり修復済なんでしょうか。



一応尖塔部。
こういう遺跡って、どこを修復して、どこがオリジナルのままなのか、表記してくれると嬉しいんですけど…



Apr./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、まともな形を維持しているのは仏塔だけです(修復済だと思いますが)。
が、遺跡の規模自体はチェンセンでもトップクラスなので、まあそれなりには楽しめます。
観光客もあまり来るところではなさそうなので、静かにみられるのもいいところかも。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 20°16'55.00" N
100°04'52.75" E



0 件のコメント: